巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

京都で噂の「信長茶寮」に行ってみた

ライター情報:まめこ

このエントリーをはてなブックマークに追加
「人間五十年  下天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり……」とは、信長が愛したことで知られる言葉。「敦盛」という舞曲目の一節で、戦の出陣前など華麗に舞う信長の姿をドラマなどで観て、印象に残っているという人も多いのでは? 信長らしい、美しくも刹那的な感じがする言葉だが、どういった心境で舞っていたのだろうか……。と、そんなことを考えてしまったのは、京都・元本能寺跡地にできた新スポット、「信長茶寮」に行ってきたから。

明智光秀が信長を討った「本能寺の変」は431年前、天正10年6月2日、西暦でいうと1582年6月21日に起こったとされる。その最期の場所がここだったのか、と思うと感慨深い。以前、ここには呉服屋さんの社員寮があり、小さな石碑が立っているだけの場所だったのが、お参りもできる聖地(!?)として生まれ変わったのだとか。スタッフによれば、オープンが命日の6月2日で、6月21日は全国から信長ファンが集い、大盛況だったのだそうで……。

現在、「コミックゼノン」で連載中の原哲夫氏による信長伝「いくさの子」に登場するイケメン風信長がイメージキャラクターとなっており、AR技術によって館内のいたるところで原哲夫氏描く信長に会えるという仕掛けも!(織田家の家紋が目印)。カフェ&バーあり、料亭あり、イベントスペースあり、個室ありの複合施設なのでいろんな楽しみ方ができるのだが、何はさておき、到着したら直行したいのは地下1階にある信長慰霊碑。
関連キーワード

ライター情報: まめこ

かわいいもの、甘いもの、古いものを愛するフリーライター。好物=ほうじ茶

2013年7月2日 07時00分

注目の商品