巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

猫好きの間でひそかにブレイク中! 世にも珍しい“猫の本屋さん”

このエントリーをはてなブックマークに追加

「書肆 吾輩堂」のオフィシャルHP。大久保さん宅の3匹のにゃんこたち(ゴンチャロフ、写真のモジャちゃん、ちーちー)もモデルとして活躍している。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

“猫”と“本”ははるか昔から、不思議と相性がいいコンビだと思う。
『吾輩は猫である』でおなじみの夏目漱石や谷崎潤一郎など猫を愛した文豪たちも多いし、アニメ映画にもなった『長靴をはいた猫』や、ミステリーの名作であるエドガー・アラン・ポーの『黒猫』、絵本なら『百万回生きたねこ』などなど、猫を題材にした本は数え切れない。

今年2/22の猫の日に開業した「書肆(しょし) 吾輩堂」は、そんな猫たちが登場する本だけを厳選して扱う、ユニークな通販専門の猫本屋さんだ。店主(?)のにゃんこたちに代わって店を取り仕切る大久保京さんに、オープンからこれまでの話を聞いてみた。

もともと美術館の学芸員をしていた大久保さんは、無類の猫好き&本好き。「猫本のみを扱う本屋さんがなぜないんだろう?」と長年不満に思っていたそうで、このたび“毎日が猫の日”にできる、念願のお店をオープンさせた。ネットショップのページを見ればわかると思うが、扱っている本のジャンルは小説やエッセイから写真集、猫の生態や猫の飼い方といった“ネコロジー”本に絵本、センスのよい猫雑貨などもあり、とても幅広い。

「まだネットショップに出していないものも合わせると、在庫は1500冊くらい。クリスマスなど季節にちなんだ本もありますので、時期を見ながら出す本を選んでいます。雑貨も好評ですね。でも本も雑貨も猫のものならなんでもOKというわけではなく、子どもっぽいファンシーなイメージのものは置かないようにしています。
関連キーワード

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2013年7月18日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品