巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大阪人もびっくり!?世界初「たこ焼き」の缶詰を食べてみた

ライター情報:まめこ

世界初、「たこ焼きの缶詰」は1個550円

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

先日、「だし巻き」の缶詰で取材したmr.kansoが、なんと今度は「たこ焼き」の缶詰を開発したそう。たこ焼きといえば、大阪人のソウルフード。私も袋に入った冷凍たこ焼きはスーパーでたまに買って食べたりするけれど、缶詰というのは未知との遭遇である。

世界初の試みという「たこ焼き缶」、プルトップをぱかっと開けると、煮こごりのようなとろみのあるソースにたこ焼きが浸かっており、意表を突かれた。ソースはやや甘めで、ちょっと味見したところ、これだけでも充分おいしい。次にたこ焼きを1個食べてみたところ、ふんわりした食感で、中にちゃんとたこも入っている。

表面がかりっと焦げたこうばしさはソース漬けだけにないのだが、これはこれでありかも!という味わいであった。兵庫県の明石焼きをソースバージョンにしたような感じだが、たこ焼き特有の風味はしっかり生きている。とにかく珍しい缶詰なので、家飲みなどのさいにおつまみとして持参するなどしても受けそう。


mr.kansoを運営する(有)クリーンブラザーズに企画のきっかけなど聞いてみたところ、
「当店のはじまりは大阪の南堀江ですので、大阪名物となるような缶詰を作りたいという想いがありました。『今までにない、新しいもの』を基本に、お客様が食べたいものはなんだろうといろいろ考えた結果、たこ焼きに辿り着きました」とのこと。

なお、実は前述のたこ焼きが浸かっている粘度の高いソースが、開発するうえでのポイントとなったそう。
関連キーワード

ライター情報: まめこ

かわいいもの、甘いもの、古いものを愛するフリーライター。好物=ほうじ茶

2013年7月22日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品