巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大人がアニメに泣かされる!『あの花』がついに映画化

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は8月31日より、新宿バルト9他にて全国ロードショー (C)ANOHANA PROJECT 配給:アニプレックス

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

今夏も続々とお化けが登場する映画が公開されていますね。ホラー映画は嫌いだから観ない!なんて思ったあなた、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、感動の涙を流してしまう映画なのです。

そもそも『あの花』とは?
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(通称『あの花』)は、2011年4月から6月までに放送されたTVアニメです。

■ストーリー
宿海仁太こと、じんたんを中心とする仲良し6人組の小学生「超平和バスターズ」は、メンバーの1人であるめんま(本間芽衣子)の死をきっかけに疎遠になっていた。
高校一年生になったある日、めんまの死というトラウマを抱えてひきこもりになったじんたんの元に、めんまが幽霊となって現れる。彼女に「お願いを叶えて欲しい」と頼まれたじんたんは、「超平和バスターズ」のメンバーに会いに行くが、めんまの姿が見えるのはじんたんだけで、状況を理解し、協力してくれるはずもなかった。それでもなんとか全員を集めるが、幼かった頃のようにうまくいかない。めんまが亡くなった「あの日」に縛られていたのは、じんたんだけではなかったのだ。
願いを叶えようと奔走する中で、彼らはずっと隠していた思いをぶつけ合い、友情を取り戻していく。

大人しか見ない深夜帯の放送にも関わらず、瞬間最高視聴率 は5.5% を記録。放送終了後も熱烈な支持を受け続け、映画化されることになったのです。そんな『あの花』の魅力とは何なのでしょうか。

2013年8月30日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品