巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

“食”をテーマにした映画を観ると、アフリカの子どもたちが救われる

このエントリーをはてなブックマークに追加

衝撃的な映画を観て、同今日から行動できることを同時に体感する
(c)SCHNITTSTELLE Film Kln,THURN FILM

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

以前、コネタで「TABLE FOR TWO」なる取り組みを紹介したことがある。社員食堂や店舗でメニューを食べ、代金内の20 円はそのまま寄付に。

この「20円」とはアフリカの子どもの給食1 食分に値し、「“先進国”の我々と“開発途上国”の子どもたちが食事を分かち合う」という考え方から「TABLE FOR TWO」(直訳すると「二人のための食卓」)と名付けられたそうです。

そして、どうやら新たな取り組みが起ち上がったらしく。世界の食料問題など“食”をテーマにした映画を劇場で鑑賞すると、映画チケット1枚につき20円が寄付金となり、給食1食分を開発途上国の子供にプレゼントできる。その名も「MOVIE FOR TWO」が、スタートします! 

その第1弾作品として選ばれたのは、9月21日公開のドキュメンタリー映画『もったいない!』(原題『Taste the Waste』)。

「私たちの活動に賛同してくださった映画配給会社のご担当者様から『食料問題をテーマにした映画のため、何かご一緒できないか』と、ご相談を受けました」(「TABLE FOR TWO」担当者)。映画を観て、食料問題を考える。それと同時に、今日から行動できることを体感する。なぜなら劇場に足を運んだ時点で、アフリカの子どもを救うことになるのだから。これぞ、「MOVIE FOR TWO」です!

そして、9月某日。同作の試写会が開催されたので、一足お先に『もったいない!』を観てきました。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2013年9月26日 07時00分

注目の商品