巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

歴史ヲタ社長が実現させた地形込みの城のジオラマ=“城ラマ”への物語

このエントリーをはてなブックマークに追加

A4サイズの『城ラマ』と二宮社長。バックにあるのは、本製品のモチーフになっている『長篠合戦図屏風』。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

国内メーカー約150社が参加し、今年6月に行われた東京おもちゃショー。いまどきらしいさまざまなおもちゃやホビー製品が並んでいたのだが、その中でもネーミングや切り口のインパクトが光っていたのが、周辺地形を含めた城のジオラマ『城ラマ』という製品。

第一弾となる『三河長篠城』(10月下旬発売、通常版1万2600円・古地図付き特装版1万3650円)は、全国的にはあまりメジャーではない城ではあるものの、城郭内のお堀やふもとの川などの起伏に富んだ地形を丁寧に再現。完成度の高さはもちろんだが、城の3DCG映像を見られるアプリマーカーや、なぜか元レベッカやRED WARRIORSのメンバーが参加したというテーマ曲のCDを同梱と、歴史モノのホビー製品としては規格外な特典も目を引いた。
しかもメーカーの“パートナー産業”には聞き覚えがない……? ユニークな製品誕生の裏側を探るべく、横浜市にある同社にお邪魔して二宮博志社長に話をうかがった。

「お城というと、ほとんどの方が想像するのが天守閣ですよね。僕は小学生の頃から、そうじゃないと思っていて。土から成る”と書いて城なので、建物と周りの地形までを含めたものがお城だという発想で、卒業制作にも山城として名高い岐阜城(童友社)のプラモデルを作って提出したんですよ。なぜかというと岐阜城はベースにちょっとだけ地形が含まれているんです(笑)。そういったコンセプトのプラモデルが出てくるのをずっと期待していたんですが、僕が大人になってもなかったので、誰もやらないなら自分でやってみようと思ったんです」

聞けばパートナー産業は、プリンタやFAXなどのパーツを企画・設計するメーカーとのこと。
関連キーワード

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2013年10月11日 07時00分

注目の商品