巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

餃子の王将の餃子が小物ケースになっていた

ライター情報:羽石竜示

「餃子の王将 餃子型ケース」(タカラトミーアーツ)

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

中華料理屋に行くと定番のように餃子を注文してしまう私。ビールのツマミにピッタリなんだなぁこれが。もちろん酎ハイにも合うし、庶民に親しんでいる料理であることは言うまでもない。そんな身近な料理が小物ケースとして登場した。ちょっと気になったので早速入手してみた。

「餃子の王将 餃子型ケース」(タカラトミーアーツ)というアイテムで、いろいろ探した末、某大手量販店のホビーコーナーに売っていた。見た目は名前の通りの餃子なのだが、皮を開けられるようになっており、コインケースなどに使えるようだ。

なるほど、手にとって見ると皮にちょっと弾力があって、見た目だけでなく感触も本物に似ている。チェーンが付いているので、ストラップとしてカバンやケータイなどにぶら下げておける。ちょっとした洒落として友達に見せびらかすのにはちょうどいいかも。

どれくらい本物に近いか、実際に本物の隣に並べてみることにした。久しぶりに自分で生の餃子を焼くのでちょっと不安だったが、なんとか食べられるくらいの出来栄えとなった。それぞれほどよい焦げ目をつけるのが難しいんだよな。

焼きたての餃子の隣に「餃子型ケース」を置く。正直40年以上生きてきてまさかこんなことやるとは思わなかった。それはともかく、並べると違いが分かってきた。皮の色が本物に比べて白すぎるかなと・・・。あとはだいたい本物と遜色ないようだ。

で、つぎに見た目だけでなく、コインケースとしての使い勝手はどうか。

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2013年11月4日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品