巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

不惑になると惑わなくなるのか?

ライター情報:鶴賀太郎

『アラフォー男子の憂鬱』(日本経済新聞出版社)。若手論客と呼ばれて来た著者たちももうアラフォー。彼らが楽しみながらも真面目に語るアラフォー論だ。タイトルに「男子」とあるが、アラフォー女子の共感も呼んでいるという

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

「四十にして惑わず」
孔子がそう言ったの紀元前500年ごろ。それから2500年以上。人類は進歩を遂げ、孔子ほどの賢人でなくとも40歳になると惑わなくて済むようになったのだろうか。

「かなり惑い易い状況にあるというのが実態ですね」
そう言うのは人材コンサルタントであり、自身も来年40歳になるアラフォーの常見陽平さん。

「今年40歳になった1973年生まれの人は、第2次ベビーブーマーのピークで人数が多いんです。つまり団塊ジュニアのアラフォー世代は、ずっと厳しい受験戦争にさらされてきました。そしてようやく大学に入ったと思ったら就職氷河期に突入して大変な思いをしています。社会に出てからも上にはやたらと元気に頑張っているバブル世代がいて、下には物心ついた時から不況で、今までのルールにまったく囚われないまったく違う価値観を持った若い世代が控えていて、板挟みで宙ぶらりん感があるのがアラフォー世代なんです」

自分たちの世代の役割が不明確で、先が見えず惑いがちなのが今のアラフォーだと常見さんは言う。
そんなアラフォー世代へのエールとして、常見さんが育児・教育ジャーナリストのおおたとしまささんと一緒に編著した『アラフォー男子の憂鬱』(日本経済新聞出版社)が12月10日に発売された。

「おおたさんの他にも消費社会のライフスタイルに詳しい人気ライターの速水健朗さんや、若者の雇用に詳しいフリーライターの赤木智弘さんにも参加して頂き、アラフォー世代について語っています」

同書はアラフォー世代である4人の対談に加え、それぞれの著者の寄稿で構成されている。
関連キーワード

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/マーケティング・イベントプランナー。
国内外の著者インタビュー、映画監督インタビューを得意とする。グアム国際映画祭、茅ヶ崎映画祭にも関与。

URL:http://mywifescamera.blogspot.com

2013年12月10日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品