巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

かき氷から炎も!クリスマスかき氷って何だ!?実際に食べてきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスかき氷。先端(栗の渋皮煮)から、ほんのりと炎が。『しもきた茶苑大山』で12月17日~25日までの期間限定)

( 1 / 10 )

[その他の写真を見る]

クリスマス直前で、かき氷がアツいことになっていた。まだあまり知られていないが、クリスマス限定のかき氷を提供するお店が増えており、かき氷ファンの間では人気となっているという。果たしてその真相は?『東京かき氷コレクション』主宰で、かき氷愛好家の小池隆介さん、小池さんおすすめのお店のひとつ『しもきた茶苑大山』の店主の大山泰成さんにお話を伺った。

早速運ばれてきたのは、モミの樹を彷彿とさせる『クリスマスかき氷』。先端には栗の渋皮煮が乗せてある。
「では、火をつけますよ~」
――おお~~~!
大山さんが栗の渋皮煮に点火すると、炎が「ゆ~らゆ~ら」と…。カラメルの良い香りが漂う。
――栗の渋皮煮がキラキラしていますね!
「これは金箔です。ちなみに、渋皮煮は、そのまま点火しても火がつかないので、ラム酒に漬けてあって、芯のかわりに砂糖を使っています」(大山さん)
そのため、食べると非常に甘くて美味しいのだ。
色も綺麗…。
「美味しい抹茶は色が良いんです」
お茶にこだわる大山さん。それもそのはず、日本に11名しかいない『茶師十段』なのである!目利きは確かだ。

『しもきた茶苑大山』の公式サイトにも
「全国茶審査技術競技大会」は、日本茶の鑑識眼を競うもので、50年以上の歴史を持つ競技会で、個人戦優勝者には農林水産大臣賞が授与されます。
基準に基づき、初段から10段までの茶審査技術段位が認定されます。

しかも!
平成23年までの10段認定者は11名で、その内2名が『しもきた茶苑大山』の従業員なのだそうだ。
関連キーワード

2013年12月19日 07時00分

注目の商品