巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

パリから復興をかける福島の相馬焼プロジェクト

ライター情報:加藤亨延

パリでの展示会の『KACHI-UMA』

[拡大写真]

海外を足がかりに福島の伝統工芸が世界に羽ばたこうとしている。パリ郊外ヴィルパントの展示会会場で行われたインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ」にて、福島の陶芸・大堀相馬焼が日本ブースで展示され、フランスの専門家たちの目に触れた。福島の陶器が、なぜ今パリから世界をうかがおうとしているのか。

福島原発の事故で立ちのきを余儀なくされた福島県浪江町。ここには300年前から息づく伝統工芸、大堀相馬焼があった。事故後、25軒あった窯元は一時すべて廃業、全国へ離散した。震災の翌年から場所を同県二本松市に移し、土を愛知県瀬戸市から取り寄せつつ、共同窯を構えて6軒が復興したが、江戸時代から続く陶芸の技は一気に衰退の危機に陥った。

そこで海外展開をきっかけに、大堀相馬焼を復興させようと立ち上がったのが窯元の1つ「松永窯」の4代目、企画会社「ガッチ」社長の松永武士さんだ。松永さんは父・和夫さんが焼いた陶器に、「明日を駆ける馬」をモチーフに若手デザイナー10名の絵を付け、『KACHI-UMA』というブランド名で陶器の販売を始めた。馬の絵柄は大堀相馬焼の伝統である「走り駒」に由来する。常に左を向いた旧相馬藩の御神馬は、「右に出るものがない」という意味の縁起物として扱われてきたものだ。

斬新な絵柄を伝統工芸に取り入れ、積極的に海外展開をもくろむ松永さんだが、それまでには親子の間で議論があったそうだ。江戸時代、大堀相馬焼は大衆向けの器として始まった。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2014年2月18日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品