巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「できる人」という幻想に惑わされていませんか?

ライター情報:鶴賀太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加

常見陽平さんの最新刊『「できる人」という幻想 4つの強迫観念を乗り越える』(NHK出版新書)」。平成25年分の社長訓示の他、流行語大賞、「今年の新入社員は◯◯型」などの分析などから「できる人」幻想を斬っている。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

4月も半ばに入り、春から新しい環境に身をおいた人も少しずつ慣れてきたのではないでしょうか。特に新社会人はようやく社内の様子がわかってくるので、そろそろギアを上げて周りから評価されたいと思い始めてもおかしくない頃。しかし過度に「できる人」を目指すのは危険だと警鐘をならす人がいる。

「『できる人』なんて架空の理想像なんです」

そう言うのは人材コンサルタントでもある人気コラムニストの常見陽平さん(常見陽平公式ブログ『試みの水平線』)。

「若者に求める能力として即戦力、グローバル、コミュニケーション能力、起業精神などを挙げる声をよく聞きますが、これらをすべて兼ね備えたら“神様スペック”です」

しかし実際には多くの若者が、「できる人」の幻影に惑わされてしまっているという。

「たとえば入社式の各社の社長訓示は必ずしも就労経験のない新人に送るような内容とは限りません。むしろ現社員に足りないと感じる要素を話したり、社外にIR的なメッセージとして発信していることが多いのですが、無垢な新入社員は真に受けてビビってしまうことがあります。その結果『無理ゲー』(クリアするのが不可能と思われるほど難易度の高いゲーム)を戦わなければいけないと思わされてしまうのです」

背景には恒常化した不況の影響がある。終身雇用もほころびを見せ、ひとつの会社を勤めあげるということが当たり前ではなくなってきた。他方、同じ会社で一生働きたいとする若者の数は過去最高になっている。
関連キーワード

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/マーケティング・イベントプランナー。
国内外の著者インタビュー、映画監督インタビューを得意とする。グアム国際映画祭、茅ヶ崎映画祭にも関与。

URL:http://mywifescamera.blogspot.com

2014年4月11日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品