巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「パスタ好きは、女より男に多い」説を考える

ライター情報:田幸和歌子

ペペロンチーノのことだけで、丸々1冊。パスタって本当に奥が深いですね。

[拡大写真]

パスタは、テレビ番組や雑誌でも「女性に人気」と謳われることが多いし、一般的に「女性が好きなもの」「デートや女子会でよく食べるもの」というイメージがあるように思う。

でも実は、スタンドなどの一人客が入りやすいパスタ屋に行くと、男性客が圧倒的に多いことが以前より気になっていた。

女性の場合、一緒に食事する相手との無難なセレクトとして「パスタでも食べる?」というのも多いが、一人でパスタ屋さんに来る男性というのは、もっと熱く積極的にパスタを求めているように思う。

「ナポリタン=男性」のイメージはあるが、そればかりじゃなく、パスタ全般が好きな男性が多い気がするのだ。

そんなことを考えていたら、積年の「男性の熱烈なパスタ好き」説を確信する本が出た。すでに各所で話題になっている、ペペロンチーノでまるまる1冊になった本『男のパスタ道』(日経プレミアシリーズ)だ。
著者の土屋敦さんにお話を伺った。

「パスタ好きの男性は非常に多いと思 います。昔から周囲にも多いですし、ネット上などでもパスタのゆで方や銘柄について議論している人は、20年前からたくさんいました。私の本も(タイトルからして当たり前といえば当たり前ですが)、購入者のほとんどが男性で、すでに2回増刷がかかっていますので、それだけパスタに興味のある男性が多いとい うことでしょう」

男性にとってのパスタの魅力とはどんなものなのでしょうか。
「まず、そもそも麺が好きな男性が非常に多い。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年9月8日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品