巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ペットをめぐる問題をアートを通して考える『ペットショップにいくまえに展』

『ペットショップにいくまえに展2014』は9月25日より西荻窪・URESICAでスタート。かわいらしいDMのイラストは人気の妖怪絵師・石黒亜矢子さんが手がけている。

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

私達の毎日の暮らしに寄り添ってくれる犬や猫といったペットたち。しかし、飼い主の事情で捨てられてしまったり、その捨てられたペットが生んだ子供など、残念ながら殺処分されてしまう犬や猫は合計で年間で16万頭余り(平成25年度)にものぼるという。

以前にコネタでも紹介した書籍『ありがとう! わさびちゃん』などのヒットもあり、不幸なペットを殺処分から救うためのさまざまな試みについて徐々に認知度が高まってきている昨今。石黒亜矢子さんやヒグチユウコさんら人気の画家やクラフト作家といったアーティストたちが集い、ペットをめぐる諸問題を多くの人に知ってもらおうと作品展示やチャリティグッズの販売を展開する『ペットショップにいくまえに展』が、9月25日より西荻窪のURESICAでスタートする。

この展覧会がスタートした経緯や見どころについて、会場のURESICA・カマタユリコさんにお話をうかがった。そもそものきっかけとなったのは、絵本作家・どいかやさんが2010年開催の個展用に、どいかやさん構想によるフリーペーパー『ペットショップにいくまえに』を制作したこと。

「かわいい絵で興味を惹きつつペットたちを取り巻く事実を知ってもらいたいという、どいかやさんの絵本作家ならではのアイデアでした。会期中には作家の渡辺眞子さんとどいかやさんで“犬猫トーク”と題し、殺処分やペットにまつわる問題をお話いただくイベントも開催しました。

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2014年9月25日 07時50分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品