巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

TGSが今年も仏トゥールーズで開催、地方で盛り上がる日本イベント

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加
フランス南西部の人にとっての日本イベントと言えば、ジャパンエキスポでもなくパリマンガでもなく、トゥールーズ・ゲームショー(TGS)だ。同イベントはフランスの団体「TGS EVENEMENTS」が組織し、テレビゲーム、漫画・アニメ、アジア文化、SFを主なテーマに、2007年から始まった。これら分野の愛好者は、アジア文化に興味を持つことが多いため、日本に関連した出展をする企業や団体も多い。

今年のTGSでは、在マルセイユ日本国総領事館の後援により、日本文化についてのエリアが用意された。能、華道、尺八、武道といった伝統芸能から、漫画家・松本零士展、会津張り子、漫画サークル、和食、日本酒、たこ焼き・お好み焼きの屋台など各ブースが、約600平方メートルの広さで集まった。日本からも『ロードス島戦記』などで有名な作家・ゲームデザイナーの水野良、ピンク・レディーの楽曲を歌うアイドルグループ、ピンク・ベイビーズが参加した。

TGSはフランス南西部において、現地日本愛好者に対する受け皿だ。ビジネスとしても、年々その規模を拡大させている。TGS EVENEMENTによれば、1万1000人だった初年度の来場者から年を追うごとに増え、8回目の今年は11月29日と30日の2日間で4万5000人を超えた。イベント回数も、TGSが春と冬に1回ずつ、そしてトゥールーズ西部の町ポーでポー・アニメ・ゲームショーを開き、TGS EVENEMENTとしては年3回の開催となった。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2014年12月8日 08時00分

注目の商品