巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

冬のシーズンアイテム“スノードーム”の知られざる歴史

スノードームといえば一般的に“クリスマス”や“冬”を連想させるものとして親しまれているアイテム。冬景色や絵本の世界をモチーフにしたものなどさまざまなタイプがあるのだが、このスノードームは一体いつごろ、どのようにして生まれたのだろうか? 
球体や底がオーバル型になったもの、冬やクリスマスをイメージさせるモチーフだけではない多彩なデザインが楽しいヴィンテージ・スノードーム。(c)加藤郁美

そんなスノードームの歴史についてのレクチャーがあったり、珍しいヴィンテージもののスノードームを展示するイベント「スノードームの世界」が、先ごろ西荻窪にあるショップ&ギャラリー「URESICA(ウレシカ)」で開催された。
実物を見て、触れて楽しめるようにと少人数でテーブルを囲んでのアットホームなイベントで、当日はスノードームコレクターなど愛好家の方や、スノードーム作家の方なども参加し、和やかな空気の中スタートした。

講師は、1960年代に世界各国で発展したカラフルなグラフィック切手の本「切手帖とピンセット」(国書刊行会刊、2200円税込)の著者である加藤郁美さん。加藤さんはひとり出版社・月兎社(ゲットシャ)で編集の仕事をするかたわら、シガレットカードやタイルなど、キッチュでキュートな大量生産品のコレクターでもある。
この日会場にずらりと並んでいたのは、10年ほどかけてコツコツ集めた世界各国のスノードームだ。
世界各国から集められたレアなスノードームの歴史を学びつつ、実際に見て&触れて楽しむという趣向に参加者も目を輝かせていた。(c)加藤郁美

●スノードームのはじまりは万博みやげ
加藤さんによると、スノードームの原型と言われる作品が現れたのは、1878年に行われたパリ万博でのことなのだそうだ。当時のアメリカの公式調査団による調査報告書には「傘を持った男が入ったガラスのドームのペーパーウエイト」が記載されているが、どこの国で作られたものかは残念ながら不明だったとか。

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2014年12月18日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品