巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

アジカン・さだまさしのCDジャケットの絵でおなじみ中村佑介さん登場!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
アジアン カンフー ジェネレーション、さだまさしのCDジャケットのイラストや、森見登美彦の小説のカバーイラスト等でおなじみのイラストレーター、中村佑介さん。初の作品集『Blue』は画集としては異例の9万5000部を突破。画集の第2弾『NOW』(共に飛鳥新社)も年末に発売されて好評だ。サイン会も毎回大盛況の中村さんにお話を伺った。
▲中村佑介さんの画集『NOW』の表紙。

【破天荒!? 高校の授業中に一人だけキャベツを置いてデッサン】


中村さんといえば、高校3年生の頃、授業中に机にリンゴを置いてデッサンをしていたというエピソードがある。小さなスケッチブックで描いていたら「お前、落書きはやめろ」と注意され、カチンときて「全然“楽”じゃない。本気です!!」と言い返し、以降は大きな画板を持ち込んだら何も言われなくなったというのだ。
「芸大の受験が近づくにつれて、絵の勉強をする時間がないと思って、キャベツやリンゴを置いてデッサンしてたんです。美術の授業以外でも。最初は怒られましたが、『これも“受験勉強”だし、早弁をしたりジャンプを読まれるよりはマシか』と思われたのか、そのうち怒られなくなりました(笑)」
――当時、ご両親は絵を描くことについては何かおっしゃってましたか?
「実は、両親とも絵に関係する仕事をしているので、僕には絵を描く仕事に就いてほしいと思ってたんです。高校の5教科の成績が悪くても怒られなかったけど、美術だけは5をとらないと怒られました」
学校に行かずに画塾に行くこともあり、高校から家に連絡があった時も、母親は先生に「すみません」と表面上は謝るものの、画塾に行ってたのならそれでいいとの“方針”だったという。

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2015年1月16日 11時01分

注目の商品