巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

行ってから気づくパリの真実 「美食の街」は正しくない?

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加
「日本で知られているパリは本当のパリじゃない」とか、「パリのイメージに憧れて暮らし始めてみたものの、現実との差がすごかった!」というのは、よくある話だ。そんな、短い旅行では見落としがちな、愛らしいフランスのギャップを、フランスと日本で発行されているフリーペーパー「ノアゼット・プレス」に聞いてみた。

■自由を愛するフランス人は排泄のタイミングも自由!? 
パリはよく犬のフンが落ちていて……という話は、正確にパリを語っていないかも。というのも犬に限らず、パリは人間用を含めて街全体がトイレなんです! 夜になってお酒が入れば、(時々女性も)至る所で用を足していますよ。さすがに大きい方はまれですが、アンモニア臭は基本パリの街とセットになっちゃってますね。

でもね、換気される屋外ならまだいいんです。地下鉄の駅構内でされると確実に鼻が曲がっちゃう。最悪なのが列車の中やエレベーターの中でのマーキングかな。以前、電車の中で立ちションしている人がいて、慣性の法則で車両に川ができていました。他の乗客は走って隣の車両に逃げたりして……ある意味平和です! 

■自分に甘く他人に厳しい!?
フランス人は人生を謳歌している……という話は、ちょっとフランス人をポジティブに捉え過ぎかも。彼らは常に自分中心なので、しばしば己と己がぶつかっちゃう。明らかに自分に非があっても言い逃れしたり、正しい指摘をして反論すると逆ギレされたり。高級靴屋のセールで列ができていた時に、「私は昨日も来て入れなかったから今日は1番で入れて」と主張していたおばさんもいましたね……。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2015年1月22日 10時00分

注目の商品