巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

20代OLの2人に1人が「社会人になってもひなまつりをしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加
昔はそうでもなかったのに、ここに来て急激に定着している年間行事ってありますよね。ハロウィンなんてここ2~3年な気がするし、恵方巻きだって数年前は今ほどじゃなかった。
逆にですよ? 最近、こいのぼりを見る機会がめっきり減ったんだよなぁ……。

じゃあ、「ひなまつり」はどうだろうか? その辺を探ってくれたのは、カルピス株式会社が実施した「20代独身OLのひなまつりに関する意識と実態調査」。その名の通り、国内に居住する20代独身OL(両親と同居:618人、一人暮らし:618人)を対象に、ひなまつりの実施状況をリサーチしてくれています。

まずは、「社会人になってからもひなまつりのお祝いをしているか?」という設問の回答から。
結果、「毎年している」回答は14.4%で「時々している」回答は14.1%。「たまにしている」回答(16.6%)と合わせると、およそ2人に一人(45.1%)が「ひなまつりをしている」状況のようです。逆に言えば、残る過半数(54.9%)は「ひなまつりをしていない」というわけだな。
「ひなまつりのお祝いをしていますか?」への回答を年代別にグラフ化。

この辺、年代別にも見てみましょうか。小学生のひなまつり実施率は71.8%で、中学生は60.5%、高校生は45.8%で、大学生は35.6%。なるほど、成長するにつれて低下していることがわかります……。と思いきや、社会人になると45.1%に上昇しているじゃないですか!
また、居住スタイル別にも集計を取りました。結果、両親と同居している人は約6割(59.1%)が、一人暮らしの人は約3割(31.1%)がひなまつりを行っていることが明らかになっています。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2015年2月15日 10時00分

注目の商品