巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

実は全然ガラパゴスじゃない! 北朝鮮ポップスの驚くほど多様な世界

ライター情報:古澤誠一郎

このエントリーをはてなブックマークに追加

『北朝鮮ポップスの世界』(花伝社)。北朝鮮の音楽の愛好家である高英起氏、カルロス矢吹氏の2人が、「北朝鮮のジミ・ヘンドリックス」「北朝鮮のAKB48」といった分かりやすい例えも交えながら、対談形式でその魅力を解説。

[拡大写真]

“謎のベールに包まれた国家”という枕詞を聞いただけで、多くの人の頭に浮かぶであろう北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)。そんな謎多き国の“音楽”をテーマにした、驚きの書籍が発売された。

その本は『北朝鮮ポップスの世界』(花伝社)。在日コリアン2世のジャーナリスト・高英起氏(※)と、ライター・構成作家のカルロス矢吹氏が、北朝鮮の音楽を通史的に追いながら、対談形式で紹介していく一冊だ。

……と概要を紹介したが、「ていうか北朝鮮にポップスなんてあるの?」「大政翼賛的な軍歌みたいな歌ばっかじゃないの?」と思った人も多いだろう。もっともな疑問だと思う。

事実、同国の音楽が国家による検閲を受けていることや、いわゆる軍歌的な歌があることは、本書でも言及されている。だが、そのようなステレオタイプ通りの“北朝鮮っぽい”歌だけが、北朝鮮の音楽の全てではない……ということは、本書を読み進めるうちに明らかになってくる。

たとえば1962年発表の『延吉爆弾』という曲の歌詞を見てほしい。この曲は、オーケストラを従えた男性歌手3人が、台詞も交えた掛け合いをしながら進んでいく。

おっと くたばったぜ! 何がくたばったんだい?
遊撃隊“討伐”車へゆっくりゆっくりと這っていった
憲兵野郎の一個中隊が延吉爆弾にくたばったんだ

想像以上にくだけた調子の歌詞に驚くのではないだろうか。なお本書で紹介されている楽曲は、YouTubeなどでその音楽・映像を確認ができるのだが、男性歌手たちは身振り手振りを交えながら半ば笑顔で歌っていて、壮絶な内容とは裏腹に何だか楽しげな雰囲気である。

ライター情報: 古澤誠一郎

フリーライター。音楽、サッカー、本、演劇などが好きですが、何でも書いているので自分でも何が専門なのかよく分かりません。

URL:https://twitter.com/furuseiro

2015年3月19日 10時00分

注目の商品