巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

森三中・大島も? 欧米でも広がる「クラウド出産」

このエントリーをはてなブックマークに追加

体を張る芸人気質がそうさせたのであろう、森三中・大島美幸の出産レポート。当時はこれについての賛否がメディアを騒がせていたが、産まれてしまえば世間も落ち着いている。
大島の場合、ヘルメットカメラは「顔」だけが写され、エモーションを表現できていたが、テレビカメラは部屋全体を写し、大勢がいるなかでの出産だったことも確認できた。

「母親が望む安全で満足な妊娠出産に関する全国調査」(2013年3月発行)で、「出産に立ち会った人」についての質問では、「夫」53%、「親」12%、「その他」5%、「誰もいない」41%という結果がでている。半数以上の人が夫の立ち会いのもと出産。そして「誰もいない」と答えた人のなかで「産婦が希望せず」だったのが50%もいたという興味深い数字になっていた。


米国では大人気で、日本では動画配信サービス「hulu」にて視聴可能なリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』の娘の一人、コートニーが、娘の出産をテレビドキュメンタリーとして放映したことがあった。その場にいたのは、自分の息子、姉妹、母親など合計8人。

そのドキュメンタリーがキッカケを作ったのか、米国では最近「クラウド出産」(Crowd Birthing)と呼ばれ、それが世間で広まっている。
大勢が見ている前で出産する、というものだ。

たしかに出産は、人生において大きなイベントだし、一生でも数えるほどしかないこと。大好きなみんなに囲まれながらその瞬間を迎えられたら幸せ、という気持ちもあるだろう。
関連キーワード

ライター情報: シカゴ/あらた

シカゴ在住の兼業フリーライター。音楽から何からいまだに80年代カルチャーをひきずって生きている。世界墓地巡りが好きな根っからの追っかけ派。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/chicago/

2015年8月8日 11時00分

注目の商品