巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

日本・韓国と来て、次はなぜカンボジア? 東横INNプノンペンに泊まってみた

ライター情報:清水2000
乱気流に揺られ、ふらふらとプノンペン国際空港に降り立った私。乗り込んだタクシーは夕暮れ時の大渋滞に巻き込まれ、急停車急発進と自由すぎる車線変更を繰り返し、旅の疲労はいきなりピークに。いつ到着するのかとぐったりしきった頃、薄暗いプノンペンのとあるビルの屋上に、馴染み深い看板が神々しく光っているのが見えた。そう、これこそ「東横INN toyoko-inn.com」のサインであった! カンボジアの人が「東横」を読めるのかどうかはともかく、私にとっては砂漠でオアシスを見つけたような気分だった。
翌朝撮影した「東横INNプノンペン」外観。これだけ見たらどこの国か分からない。

日本でおなじみのビジネスホテルチェーン「東横INN」。リーズナブルで快適な、どの街でも変わりない安定のサービスを提供する一方で、微妙な違いを持つ各店舗の存在がコレクター心をくすぐり、私も国内旅行をするたびに東横INNを探すファンなのだが、我らが東横INNが今年6月、なんとカンボジアの首都・プノンペンに出店したと聞いて驚いた。

同社が既に韓国に6店舗も出店しているのは知っており、私も何度も利用しているのだが、海外進出と言えば普通、韓国・台湾・中国・タイ・シンガポール……など近くて便利そうな国から攻めていくのが定石ではないだろうか。それがいきなりカンボジアである。一体どういうことだ? 東横INNファンの予想の斜め上を行く展開に、それなら受けて立とうと思いプノンペン行きの航空券を買った次第である。
いざ「東横INNプノンペン」へ。


一見ゴージャス? でも室内はいつもの東横INN!


タクシーを降り、ホテルの入り口に向かうと、何とスタッフがドアを開けてくれた。

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2015年10月24日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品