巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ぶさかわいい表情のネコ「ぶさにゃん」を撮影し続けるインスタフォロワー3万人の沖昌之さん

2016年1月6日 10時00分

ライター情報:やきそばかおる

このエントリーをはてなブックマークに追加
街で見かけたネコの写真を撮り続け、インスタグラムのフォロワーが3万人を超えた人がいる。名前は沖昌之さん。下町で暮らすネコの写真を集めた『ぶさにゃん』(新潮社より発売中)も好評だ。まずは沖さんが撮影したネコの写真から。





「3番目の写真はメスネコが木に登ったところです。木のそばに発情したオスネコがいるんですけど、実はそのネコがしつこく後をついてきていて、それでメスネコが木の上に逃げてきたわけです。その一部始終を見ていたおばさんがほうきを持って走ってきて、オスネコを追い払ってました」

――なるほど!!
「ちなみに、僕に対しても『何やってんの!?』という感じで追い払われましたけど(涙)」

時間があればネコに会うためにウロウロしている沖さん。実は幼い頃にネコに近寄れなくなるエピソードがあったという。
「母が大のネコ好きで、実家でもネコのサスケを飼ってたんですけど、子どもの頃に僕がサスケのしっぽを握りまくって遊んでたんです。そしたらひっかかれてしまって。それ以降はどんなにかわいくても近寄れなくなったんです」
沖さんはネコに片思いの状態のまま、月日は流れた。
「2年前の大晦日。とある公園にいると、可愛いけど、どこかブサいくな表情のネコが現れたんです。僕はそのネコを『ぶさにゃん』と呼ぶようになりまして。ちょうどその時に一眼レフのカメラを持っていたので撮影してSNSで公開しました。すると国内外からたくさんの『いいね!』をもらえたんです」
当時、日常生活において、楽しいことがあまりなかったという沖さん。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

注目の商品