巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

祖父江慎のブックデザイン過程も公開 2000冊の作品集まる展覧会

2016年1月23日 10時00分 ライター情報:古知屋ジュン
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャケットに惹かれてCDを買う“ジャケ買い”という言葉があるが、書籍やマンガなどもまたしかり。インパクトのある本のデザイン=装丁は、その中身の持つ魅力を十二分にアピールする武器といえる。

乱丁本と見まごうような構成や意図的な誤植などが前衛的すぎて(?)出版社に問合せが殺到したという吉田戦車『伝染るんです。』第1巻(小学館、1990年刊行)。


例えば吉田戦車のマンガ『伝染るんです。』(1990年~)はシュールすぎる内容自体も当時大いに話題を呼んだが、白い表紙いっぱいに描きなぐられたようなキャラクターや乱丁(ページの順序が狂っている)と見まごうような構成、カバーを裏返すと読めるあとがきなど、インパクト抜群のデザインだった。

そんなひとクセもふたクセもある装丁で読者を楽しませてきたのが、グラフィックデザイナーの祖父江慎氏だ。祖父江氏と彼が主宰するコズフィッシュが90年代からこれまでに手がけてきた約2000冊以上(!)の作品を前・後期に分けて見られる『祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ』が、1月23日~3月23日まで、東京・千代田区立日比谷図書文化館で開催される。

ブックデザインの仕事のほか、『スヌーピー展』『エヴァンゲリオン展』など人気展覧会のアートディレクションなどでも知られる祖父江慎氏。


「祖父江さんのブックデザインの魅力はご自身のユルい感性と『うっとり力』あふれるデザインワークにあると思います。意図的な乱丁や斜めの断裁など、装丁の常識を覆す作品は、常に私たちの意表をついてきます」と語るのは、同館学芸員の桝渕彰太郎さん。

一言でブックデザインといっても単に表紙のデザインをするだけでなく、本に使われる紙選びに始まり本の構造(綴じ方など)はどうするのか、また特殊な仕上げをするための印刷方法など、さまざまなプロセスを経てようやく一冊の本が完成する。
関連キーワード

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品