巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

一冊まるごと「しか、しか、しか!」の写真集

2016年1月25日 10時00分 ライター情報:太田サトル
<ねこ派? いぬ派? しか派!!>
帯に踊る斬新な(?)問いかけに、ハッとする。
そんな「派」もあったのか!



そして、表紙に写る、まるでニッコリ笑みを浮かべているような表情の鹿を見ていると、思わず、言いたくなる。
「……しか派だったかも」
と。

写真集「しかしか」。タイトル通り、鹿の写真集である。
「鹿の写真」とひとくちに言っても、いろいろなアプローチはあるとは思う。山あいに棲む野性的な鹿、神の遣いとしての鹿、農作物に被害をもたらす害獣としての鹿、もちろんバンビ的キュートさをもつ鹿……。本写真集は、奈良公園周辺と広島の宮島、国内2大鹿と身近に触れ合える場所で撮影された写真で構成されている。どこを開いても、キュートな表情と仕草をみせる鹿の写真が登場する。鹿の「カワイイ」に特化した写真集だ。



撮影者の石井陽子さんは、奈良や広島在住というわけではない。では何がきっかけだったのだろうか。石井さんに聞いた。

「2011年の3月に奈良へ出張したときに、せっかくなので写真を撮ろうと、早朝、街に出てみたんです。すると、交差点の真ん中に立つ鹿のカップルと出会ったんです。その堂々とした姿に、人が消えた街を鹿が占領しているヴィジュアルが浮かびました」

「街の中に野生動物がいる」、というシチュエーションに、まずひかれた。そう言われてみれば、本写真集の写真には、人間は写り込んでいない。自動販売機の前の鹿、ビルの入口の鹿、工事現場の鹿、公衆トイレに入っていく鹿……そこに人間はいない。
関連キーワード

ライター情報: 太田サトル

学生時代からそのままフリーライター業。雑誌中心に執筆、ときどき編集。 好物=ガンプラ、パンクロック、ラーメン

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品