巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「黒人に頭シラミは寄生しない」説を検証する

2016年2月2日 10時00分 ライター情報:シカゴ/あらた
このエントリーをはてなブックマークに追加

頭しらみについての「保健だより」が配布されると、たちまち「誰?」と犯人探しになるような無情な小学生時代を過ごした人は少なくないはず。
はたまた「不潔で低収入家庭の子供がシラミ持ち」なんていう馬鹿ばかしい昭和の噂を信じている人もいまだにいる。

こちら米国でも日本同様、クラスに一人でもシラミが発見されると「保健だより」が保護者の元に届く。そしてそのシラミ感染者は白人率がとても高い、という話を同僚であるフィルから聞いた。

髪質が関係している?


フィルは黒人で「僕ら黒人にシラミ持ちはいない」と言い出した。
私はすかさず「人種で違いってあるの? 日本人でもシラミ感染って普通にあるよ」と言ってみた。
「君達は結構ストレートな髪質でしょ? それかな~? 黒人の頭髪はカーリーな縮毛でドライ質。常にオイルやローションをつけているのがシラミ予防に繋がっているのかも。医学的にはわかんないけどね」

ということで一つの都市伝説なのだが、実際のところはどうなのだろう?
興味深い話なので、アイオワ州のデモイン退役軍人病院勤務の看護学博士ルイース・リチャーズさんにこの噂の真偽を聞いてみることにした。

「私もその話は聞いた事がありますが、シラミは人種問わす誰にでも感染します。髪の毛が多かろうが少なかろうが、太かろうが細かろうが、ストレートだろうがカーリーだろうが、シラミはどんな髪の毛にも対応できる免疫力の持ち主です。ただし割合にすると黒人の方々が感染する率は白人の方と比べると少ないかもしれません。
関連キーワード

ライター情報: シカゴ/あらた

シカゴ在住の兼業フリーライター。音楽から何からいまだに80年代カルチャーをひきずって生きている。世界墓地巡りが好きな根っからの追っかけ派。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/chicago/

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品