巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

5万個の白い玉がひしめくプールへ飛び込めるパーティ「tamapa」に行ってきた

2016年3月6日 18時30分

ライター情報:寺西ジャジューカ

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近はめっきりクラブ活動も行わなくなった記者ですが、たまに行くと楽しいでしょうね。いいお酒と、いい音楽と、いい仲間と、そしていい出会いがあれば、その場は素敵な空間になる。
さて、ここに山ほどのボールが加わったらどうなるだろう?

白いボールを大量に使用したイベントが世界的に流行している


昨日(3月5日)、青山のクラブ「EDITON(エディション)」にて、「tamapa(たまパ)」なるパーティが開催されています。
「たま」とは、何のことか? これは、どうやらボール(球)を指している模様。そして「パ」は、パーティの頭文字。つまり、こういうことです。

異様な数のボールが敷き詰められた室内でみんながはっちゃける“大人のプールパーティ”が、週末の深夜に密かに催されていました!

このイベントは、バブルサッカー、ローション大運動会、すれちがい美女、マッチョバスツアーなどを仕掛けてきた「株式会社ハイ」(東京都渋谷区)が手がけたもの。
とは言え、この潮流はかねてよりあったらしい。実は昨今、白いボールを大量に使用したイベントが世界的に注目を浴びているのです。
例えば、米国ワシントンD.C.では「The BEACH」なるイベントが。


英国ロンドンでは、その名も「JumpIn」が。

「tamapaは、これら世界的流行のDNAを受け継ぎつつ、音楽(DJイベント)と掛け合わせ、日本のためにローカライズされたイベントです」(株式会社ハイ・担当者)

ボールが5万個ある状況を目の当たりにしたのは、生まれて初めて


尋常でない数のボールが敷き詰められた「tama Area(たまエリア)」は、23時30分から開放されるとのこと。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

注目の商品