巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ハンドドライヤーは感染のリスクあり?オフィスの感染予防策を医師に聞いた

2017年2月27日 21時00分 ライター情報:石原亜香利

かぜやインフルエンザ予防は常日頃から徹底したい。職場は特に多くの人が行き交う場所。毎日、長時間過ごすのであればとくに気にしておきたい。
そこで感染症医師に聞いた、オフィスにおける、かぜやインフルエンザ、ウイルス性胃腸炎などの感染症予防策のうち、意外と知られていない内容を紹介する。

オフィスの感染予防策


のぞみクリニックの筋野恵介医師によれば、オフィスでは、次のことに注意するのがよいのだそうだ。

1.感染している人との会話や会議中
感染している人と会話をするときは、あまり近距離で離さないこと、そして、風上にいることが基本だという。

「ウイルスに鼻汁や唾液などが付着した飛沫は約1~3m、強い咳やくしゃみは約4~5m飛ぶこともあります。よくTV等で見かける偉い方の会議の風景を見ていると、少人数にも関わらず、広々と円形や四角形にテーブルを並べ、距離を置き、マイクで話していることが多いと思います。これは、国の偉い方がみんな同時に病気に感染しては困るからといわれています」

「狭い部屋での会議中は、近距離になりすぎないよう意識したほうがいいでしょう。風上に自分かいることが大事です。席を選べるなら換気扇から離れた位置に座る、窓やドアが開放されている場合はその近くに座るほうがいいでしょう」

2.公共トイレのハンドドライヤー
「ハンドドライヤーとは、手の水滴をジェット気流で弾き飛ばすもの。このハンドドライヤーの内部、特に底に弾き飛ばされた水滴、飛沫核(ウイルス)を再度巻きあげてしまうことがあります。
関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

URL:http://akari-ishihara.hatenadiary.jp/

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品