巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

【美形対決】コンビニししゃもVS北海道産 本ししゃも 

2017年3月24日 08時00分 ライター情報:武井怜
これまで、イケメンしらすイケメンたいやきを調査してきた筆者、今回は「ししゃも」。イケメンししゃもを調査します。





セブン-イレブンとローソンで売っているししゃもです。パッケージから予想するに、その口の形から「驚き系イケメン」がみつかりそ……違う、「子持ちししゃも」なのでメス。なので初の「美形」探しですね。ナタリー・ポートマンがこの世で美しい女性3位以内に入ると思う「美」の感覚の筆者が、国民的(判定する国民は筆者ひとりですが)美形ししゃもを選出します。


刺客、現る





おや、突然のお客様に、コンビニのししゃもたちがざわめいています。「本ししゃも」?



事情を聴いたところ、コンビニのししゃもなどの、筆者が今まで口にしてきたのは「カラフトシシャモ」という輸入された代用魚とのこと。今回道場破りしてきたししゃもこそ、北海道から来た「本ししゃも」なのです。



たしかにコンビニのししゃもには「カラフトシシャモ」と書いてあります。



左が本ししゃも、右がコンビニのししゃも(いずれもメス)です。
体の大きさが一番目立つ違いですね。



本ししゃもは、仲良く夫婦10組でいらしてくださいました。
というわけで今回、セブン-イレブンのししゃもとローソンのししゃも(いずれも『カラフトシシャモ』)、そして北海道から来た本ししゃも、どのししゃもの美形率が高いか、そんな対決にしましょう。
ちなみに本ししゃも、以前居酒屋の厨房でししゃもに携わっていた恋人が、「そんな高級なししゃも聞いたことない!」と驚くほどのお値段です。そんな本ししゃも参戦が、どう出るのでしょう。


美形ししゃも代表~セブン-イレブン(カラフトシシャモ)~編





厳正なる審査の結果、セブン-イレブンのししゃも(カラフトシシャモ)からは、3尾の美形ししゃもを選びました。
早速ご覧ください。


明日を夢見る系
上向きのフォルムと視線に、前向きさと力強さを感じます。あごが上がってクールさも醸し出しています。



デカ目&シュッと系
美形の鉄板要素のひとつである「デカ目」。眉毛こそないものの、目の形か焦げ目かが流行の並行眉を見事に演出し、少女漫画の主人公のようなあどけなさを醸し出すと同時に、シュッと引き締まった輪郭に、これまたクールさも感じます。



着物似合う系(姉御)
これ以上強い女はいないのではないかと思わせるほどの迫力。寒色系の和服が普段着で、面倒見がよく、年下から慕われる美形です。特に同性からの人気大でしょう。目力に惹かれたのですが、見た目の具体的なところというよりも、表情が発する強さが美しい。



セブン-イレブンの美形ししゃもでした。瞳が目立たず、白目がちな点が特徴でした。それがデカ目や力強さの効果をもたらしているのかもしれません。


美形ししゃも代表~ローソン(カラフトシシャモ)~編


続きまして、ローソンです。
ローソンのししゃもからは、2尾を選出しました。

真顔の天然系
天然ボケでモテるタイプ。この子も、眉毛またはアイラインみたいなのができているおかげで、大きい目が優しい印象に。焦っていても楽しくても、基本的にはいつもこの表情で、そのゆるい目と口が、おとぼけ発言を今にも連発しそう。


心の奥まで読む系
彼女に捕まったオスししゃもは、良くも悪くも彼女から離れることができなくなる、いわゆる「魔性のメスししゃも」。そんなふうに思わせる、瞳孔パワフルオープンなこの瞳。その瞳に映ったらサイゴ、心の髄まで読まれ、不敵な笑みを浮かべられることでしょう。



ローソンの美形ししゃも、2尾ながらどちらも個性的な美形達ですね。

関連キーワード

ライター情報: 武井怜

1988年生まれ。心配性な漫画家、歌人。『気にしすぎガール~この世のあらゆる物事に気を遣いすぎる女の日常~』(KADOKAWA)発売中。『フロムエーしよ』で連載中。シットコム(海外のコメディドラマ)愛好家。

URL:Twitter:@kinishisugigirl

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品