巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

しながわ水族館の「ゆる展リターンズ」がしっかりゆるかった件

2017年3月25日 08時00分 ライター情報:高柳優/イベニア
東京・品川のしながわ水族館で、5月8日(月)までゆるい生き物をゆるく紹介する「ゆる展リターンズ ~おほしんたろうとゆるい生き物の脱力祭り~」が開催中です。

「ゆるい生き物」を「ゆるく紹介」ってどういうことなのでしょう? 早速行ってきました。


ゆるいイラストと水族館の夢のコラボ


「ゆる展リターンズ」入口。あれ?「展」の字が……!?(ゆるい)


水族館というと青色のイメージがありますが、「ゆる展リターンズ」の会場は黄色をベースにとてもカラフル!

「子供たちにも楽しんでいただこうと、このようなデザインにしました」と語る、しながわ水族館の瀬川さん。今回の企画のテーマ『ゆるい生き物をゆるく紹介』とは、どういうことでしょう?

瀬川さん「生態や姿がユニークな生き物を集めました。またゆるい解説文に加え、イラストをお笑い芸人・おほしんたろうさんにお願いしました」

おほさんはイラストレーターとしても人気で、Twitterの投稿イラストにファンが多いことでも有名。前回「ゆる展」は俳優の田辺誠一さんがイラスト担当でしたが、今回はより一層のゆるさと、ストーリー性を加えるという点で、おほさんに白羽の矢が立ったそうです。

会場入口の壁には、おほさんの直筆メッセージが


会場にいるのは、スタッフが厳選した10種類を超えるゆるい生き物たち。それら全てに、ゆるい解説文と、さらなるゆるさを誘うおほさんのイラストが添えられています。

通常の水族館では見たことない、ゆるい紹介


瀬川さん「お客様は、まず生き物に目が行くので解説文を見ない方が多いんです。より生き物のことを知っていただくため、今回ストーリー仕立てのゆるいイラストでアピールしました」

例えばハリセンボンは、通常はトゲトゲしいというイメージです。しかし「ゆる展リターンズ」では『本人確認に手間取る』、『カワイイは最強!』とゆるく説明。そういわれると実物が気になります!
ワクワクしながら水槽を覗いてみましょう。

超カワイイ姿で泳ぐヒトヅラハリセンボン


ヒトヅラハリセンボンがいました。目がクリッとしてる! ハリを出さないハリセンボン、こんなにカワイイんですね! そしてヒトヅラって名前もまたゆるい。

瀬川さん「普通のハリセンボンは口の下が黒くないんですよ。このヒトヅラハリセンボンは、口の下が黒くて、ヒゲの生えた顔みたいなんですね」

イラストも解説文も、表現こそゆるいですが、中身は学術的に「しっかり」した真面目な内容。作成にあたっては、おほさんと何度もやりとりし、入念にチェックされたそうです。その甲斐あって、子供たちのみならず、特に若い女性のかたにイラストが評判だとか。

イラスト実物は会場でのお楽しみということで、ここからはどのような生き物が展示されているか見ていきましょう。

関連キーワード

ライター情報: 高柳優/イベニア

ヒラメキが得意なクイズ&パズル作家。
言葉遊びやゲームやミステリーなど、頭脳系エンタテイメントが大好き。
笑えること、珍しいこと、やらしいこと、しょーもないことが好物です。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品