巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

12

『シン・ゴジラ』が傑作になりえた理由――『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』を読む

2017年4月16日 14時30分
ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんによる、話題の作品をランダムに取り上げて時評する文化放談。今回は『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』について語り合います。


ありえた複数の『シン・ゴジラ』



藤田 『シン・ゴジラ』の円盤も発売されたタイミングなので、遅ればせながらですが、『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』について話したいと思います。
『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』は、『シン・ゴジラ』に関する「公式記録集」です。
 単なる記録集に留まらず、これ自体が作品だという印象を受けました。『シン・ゴジラ』のありえた別の展開を示す豊富な資料が載っている貴重な一冊でした。1万円で、重さ3キロというすごい本だけど、買うだけの価値はありました。

飯田 スタジオカラーが『新劇場版ヱヴァンゲリヲン』でも毎回刊行しているのと同様のスタイルの、とんでもない物量のメイキング本ですね(ただしキャストのインタビューはない)。当初の予定から遅れに遅れ、ではあるけれども、16年末に17年3月のBlu-ray、DVD発売に先駆けてリリースされたと(Blu-rayに収録されているメイキング映像も垂涎ものでした! ごちそうさまでした!)。
『シン・ゴジラ』自体が謎めいた部分、語りたくさせる要素をたくさん孕んだ作品だったので、そういう欲求を満たし、さらに刺激するもの。数々の資料や脚本草稿、いろんなスタッフのインタビューが載っていて最後に満を持して庵野秀明総監督ロングインタビューという構成が憎い。

藤田 驚いたのは、イメージボードに拠ると、当初は飛び散ったゴジラの血や細胞がゴジラの顔になるという、ナウシカの「粘菌」みたいなイメージで構想されていたこと。神山健治さんが書かれている脚本草稿では冒頭に公安が出てきていたり、途中の稿でも、行き先が新宿になっていたり、ゴジラが東京を目指す理由がちゃんと決まったりしていたのにもビックリしました。

飯田 捨てられていった無数の設定やディテールがいちいちおもしろい。「自己増殖していくゴジラ」ってアイデアが東宝に拒否されたとかいうエピソードとかね。あと熱放出時イメージボード「オエー!! オエエエエエ!!」とか「ゲボー!!」って書き文字があって笑ってしまった。細かい話をし出すと止まらなくなるおもしろさがある。

現代美術との共振――抗争やプロセスそのものの「作品」としての提示


藤田 庵野監督への氷川竜介さんのロングインタビューで、庵野さんが、皇居を出さないことや様々な内容について「東宝の意向」や「諸般の事情」と、きちんと、「自分の意志の範囲」を明示しようとしているところにも驚きました。「庵野秀明の作家性が……」みたいに語られがちな作品でしたが、決してそうではないことが分かる。この本自体が、ありえた複数の『シン・ゴジラ』を示す作品になっているし、一作の映画を作るまでの抗争をドキュメント化していると同時に、完成した作品に対する反撃にもなっていて、本編に負けず劣らずの「作品」になっていました。現代美術では、「交渉」や「プロセス」を作品として提示するものがありましたが、この本は、現代美術と共振しているようにぼくには感じられた。

飯田 ただ作品をつくるだけじゃなくて、これだけ掘り下げてまとめてもらえるなら「やってよかった、次もがんばろう」って思う参加者もいるだろうなあと。もちろん、作品がよかったことが前提ではありますけど。本篇の出来がひどかったらメイキングは失敗の原因や過程を検証するためのものになっちゃうんで(それはそれで貴重ですが)。

藤田 ああいうところ読んじゃいますよねw エンディングの「しっぽ」の造型案とかも結構いいんですよ。

飯田 今ってよくもわるくも作品単体で完結しないというか、バズること込みで作品づくりをしないといけない時代じゃないですか。世の中全体に流通する情報量が増えているので、目立つためにはフックになる要素がいくつもないと触れてもらえない。ひとつの作品のなかに、語れる文脈をどれだけたくさんぶち込むかが重要になっている。この本の物量は、そういう時代に応えている感じもある。もちろん庵野さんは、もともとそういう濃い作品ばかり作ってきた人ではありますが。

藤田 作品作りに関するお金の話や、作業工程などを具体的に書いているのもポイントですね。こういうやり方をすれば効率よく作品が撮れるということを示している。

いいシナリオ・脚本が映画には大事である


飯田 シナリオができるまでの過程が何回も出てくるけど、リテイクの繰り返しの中で筋が通るようになっていくプロセスがおもしろい。推敲しないとモノはよくならないんだなということがよくわかります。創作指南書としても活用されること必須でしょう。

藤田 黒澤明も、めっちゃ脚本に拘っていましたからね。
他にも驚いたのは、あの作品の「リアリティ」は、庵野さんが実際の官僚の方々らと接してきたから生まれたことだということですね。クールジャパン関連の会議などで出会った経験が生きている、と。そして、実際に見て意見をもらうようなことを繰り返していた。それは凄いですよ。驚きました。日本のために頑張る人たちを描こうという動機も、その実際の経験から得たらしいですね。
シナリオのメモに「アドラー」とか書いてあるのが、何気にツボです。あの作品を見終わったあとの自己啓発的な高揚感が、しっかり意図されていたことなんだなって分かって。

飯田 www
126p掲載の脚本草稿に「3.11と同じだ。自衛隊は、常にこの国最後の砦だよ」とありますが、本編劇中にそのセリフはありませんでしたが、画面から感じられた印象はまさにこういう感じで、本心から自衛隊をヒーローとして描きたかったんだなあということがよくわかった。
ほかにも、14/7/7版プロットの「核を使えば、東京、いや日本を失いかねない事態になる」「いいじゃないか。その時は日本を捨てれば。日本人は国土、国家を捨てて世界に旅立ち、奉仕貢献してもいいと思う。日本人はそれが出来る唯一の民族だと、俺は信じる」(118p)なんかまんま小松左京だなと思ったり。

藤田 『日本沈没』ですよね。

飯田 一方で15/1/7版プロットでは主人公のせりふとして「まとめサイトを検索チェックして、俺にメールしておいてくれ」(120p)とかあって、これはカットされてよかったwwwと思った。

藤田 それは「矢口はネトウヨ」説を強化しますよねw しかも、フェイクニュースに騙される人みたいに、今だったら思われる。「ネットde真実」が、「本当に真実だった!」っていうカタルシスを与える映画としてこの映画を解釈しうる道を拓きますね。
さらに面白かったのは、東宝のチームと、庵野さんの率いるカラーのチームが衝突していたとか。カメラが回っている横でiPhoneで撮ったりしているのは異様らしいですね。現場に来て庵野さんが引っ掻き回して、疎まれたので、裏でスクリプターの人と話していたとか…… そういう「作り方」の次元で衝突を起こしまくっていて、それが本編の躍動感に繋がっていったことが分かる。
 あ、そういえば、ぼくが書いた『シン・ゴジラ論』(作品社)という、一冊丸々使って論じた本で、「抗争の場と(しての)『シン・ゴジラ』」っていうのを書いているぞ!(宣伝) なんと、慧眼なんだろう!

飯田 圧倒的にいい本だということを前提にした上でやや醒めた言い方をすると、「クリエイターは狂気にあふれていなければいけない」神話、「採算度外視してつぶれるまでやるべき」論、「映画会社の考えるマーケティングなるものはクソ」論をベタベタに示しているなあとも思いました。これは大半の読者が溜飲下げるところでしょう。

藤田 『君の名は。』の大ヒットが、その説を覆してしまったというのは面白いんですがw どっちも真実なんでしょうなぁ……。成功したものについて後からならなんでも言える、ってことなのでしょう。正確に判断するためには、方法論ごとに、成功と失敗を統計とらないとダメなんでしょうが。
関連キーワード

コメント 12

  • 匿名さん 通報

    シン・ゴジラが傑作じゃないのなら一体何が傑作なんだ。

    18
  • 通りすがり 通報

    え、あれが「傑作」なの?

    16
  • 匿名さん 通報

    なにひとつ決断できない日本。それがシンゴジラ。

    9
  • 匿名さん 通報

    商業的に成功ははしたけど傑作ではない。 石原さとみに★5つ。

    5
  • 匿名さん 通報

    ゴジラに政治的な観点は要らない、単純に娯楽映画であれば良い。よって新誤字?はゴジラ映画とは認めない。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品