巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

6

吉野家の蕎麦屋で「本気のカツ丼」を食べてみた

2017年5月15日 08時00分 ライター情報:西門香央里


吉野家といえば、牛丼。オレンジ色の看板が目印です。この吉野家に青い看板のお店があることをご存知ですか?この看板の吉野家は、実は新業態のそば屋さん。「そば処吉野家」という名前で営業をしています。

この店の「そば屋の本気のかつ丼」が美味しいのだとか! 早速、実食しに行ってきました。

「青い看板」の吉野家を探せ!



「そば処吉野家」は、都内では足立区西新井の「アリオ西新井店」しかなく、関東地方では埼玉、千葉、神奈川などに店舗があります。今回は、神奈川県藤沢店に行ってみました。



「そば処吉野家」はこの青い看板が目印ですよ。ロゴはそのまま「吉野家」と同じですが、中身は全く違います。



外観はそば屋っぽい感じ。



表に「そば屋の本気かつ丼」の垂れ幕がありましたよ。かなり大きくアピールしております。



店内に入ると、かなりそば屋っぽい!通常の吉野家とは雰囲気違いますね。





メニューには当たり前ですが、そばがズラリ。一番安いのは「もりそば」で380円。牛丼と変わりません。



ここで食べれるそばは、そば粉だけで作られる「十割そば」だとか。なかなか本格的。


つゆだくもOKの「本気かつ丼」


そば屋なんだからそばを食べたいところですが、今回はかつ丼を食べに来たので、かつ丼を注文します。

そんなに時間を待たずに、かつ丼が到着。



三葉もしっかりのっかった「そば屋の本気かつ丼」です。

なんでも、「あっさりと香り高い本格出汁で作った割り下に、サクサクかつをとろ~り 玉子でとじました」とのこと。
関連キーワード

ライター情報: 西門香央里

東京在住フリーランスのフォトライター。K-POP、韓国事情(ソウル中心)、国内外のグルメ、街情報を中心にWebメディアなどで活動中。年3〜4回の渡韓でエネルギーを蓄えている。
寄稿媒体:goo いまトピ、TABIZINEなど

URL:Twitter:@Kaori_Simon

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    食べてみたけど特に特筆すべきところもなく「極フツーのかつ丼」だった。 量的に同サイズと思われる「かつや」のカツ丼(梅)と比べても割高な気がする。

    6
  • 匿名さん 通報

    創価はインテリヤクザ

    3
  • 匿名さん 通報

    吉野家=牛丼のイメージだから、吉野家の蕎麦屋でがまず違和感。それに追い打ちをかけてカツ丼じゃ、わけわからん。吉野家の蕎麦屋で「本気のカツ丼」を食べてみたらうな丼の味だった。なんてことになりそう。

    1
  • だま氏棚 通報

    アリオ西新井店には行かないで。

    0
  • 匿名さん 通報

    食べました。ごく普通。「かつや」の専門店の方が旨し、やすい。(かつやは補助券使用で\427)。吉野家はしょせん、蕎麦屋の作るカツ丼だから無理もないのだが・・・。次は蕎麦を食べてコメントしたい。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品