巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

カンタンで美味い! 山形の郷土料理「ひっぱりうどん」をアレンジして食べ比べ!

2017年9月1日 11時30分 ライター情報:スズキナオ

先日、コンビニやスーパーの“オリジナルめんつゆ”を食べ比べた。大手チェーンがプライベートブランドの一商品として販売している「めんつゆ」を対象に、その味を比較してみたのだが、正直どれも同レベルに美味しく、甲乙つけがたい難しさがあった。

その時、食べ比べをしながら参加メンバーがぼそっと「今度はそうめんを色んな食べ方で食べてみたいなー」と漏らしていたのが印象に残り、新たな食べ比べ企画を考えてみた。

それが“ひっぱりうどんアレンジ大会”である。


大鍋からうどんをひっぱり合って好みのつけ汁につけて食べる


“ひっぱりうどん”とは山形県の郷土料理で、大鍋でうどんを茹で、つけ汁につけて食べる。つけ汁は納豆、サバの水煮缶、ネギなどを混ぜ合わせたものに醤油を回しかけて作るのが基本(詳細なレシピは後述します)で、各自が自分なりの調合でつけ汁を作り、そこにみんなで大鍋から直接麺を引っぱってきて食べることから“ひっぱりうどん”の名がついたとか、あるいは、納豆が糸を引く様から名付けられたとか、諸説ある。

私の両親は山形出身なのだが、夜遅い時間などに小腹が空くとよく「つっぱりぞうめん食べるか」と言ってそうめんを茹でていた。地方によっては“ひっぱり”という言葉がさらに転化して“つっぱり”となり、家庭によって「うどん」が「そうめん」に置き換えられたりする。つけ汁についても、我が家ではサバ缶は使わないことも多かったし、各家庭でかなり違うらしい。

おおよそ、以下の2点を抑えていれば“ひっぱりうどん(そうめん)”だと言えよう。

・大鍋から直接うどんやそうめんを引っぱりあって食べる
・つけ汁は各自のお椀に好みの調合で作る

と、まあ、とにかく簡単である。山形県の内陸部にある村山市が発祥とも言われ、炭焼き職人が窯の前を離れることなく手軽にできる食べ方として考え出したものだという説もある。うちの父親が言うには、「農作業が忙しい合間にも麺さえ茹でればあとは大人も子供も好き好きに食べられるし、洗いものも簡単だからすごく重宝された食べ方なんだ」とのこと。簡単であることが重要なのだ。

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    子供の頃は貧乏食だと思って食べてたけどなー。 納豆が1番旨いと思う。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品