巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ガイドブックじゃわからない? 香港「100万ドルの夜景」事情

2017年9月8日 12時05分 ライター情報:田幸和歌子
100万ドルの夜景、楽しみたいですね。

今年、返還20周年を迎えた香港。

香港といえば、まず浮かぶのが「100万ドルの夜景」だ。

初めて香港を訪れる際には、夜景をどこから見るかが、まず気になるところ。
パックツアーの場合、夜景を見る時間が旅程に組み込まれていることが多く、他に夜景のオプショナルツアーも多数ある。
だが、フリーのツアーの場合、ガイドブックやネット上の口コミなどで調べて行くことが多いが、それらで必ず勧められているのは、「ヴィクトリア・ピーク」という展望台。

香港市内の高いビル群や対岸の九龍エリアまで見渡せるという場所で、市街地から路面電車の「ピーク・トラム」で山を登っていくのが一般的らしい。


ピーク・トラムに乗って夜景を見るのは困難?


ところが、実際に行ってみると、このオススメルートというのが、かなり困難な道であることに驚かされる。
夜景を見るために夕方5時頃にピーク・トラム乗り場に行くと、大量の人が疲れ切った顔で座り込んでいる。なんと数時間待ちの行列になっているらしい。
しかも、「行列」でありつつも、割り込みがあることもあるなど、かなり混沌とした状態で、ふらりと行った日本人が簡単にたどり着けそうにない状態だった。

諦めて市街地に戻る最中にも、はしゃいだ様子でピーク・トラム乗り場に向かう、数組の日本人観光客とすれ違う。声をかけ、混雑具合を説明してあげようかとも一瞬思うが、自分の目で見て判断したほうが良いだろうと、とりあえずお節介は控えた。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品