0

優秀な成績で卒業すると、“プロデビュー”が約束されている高校【来春開校】

2011年7月27日 15時00分 (2011年7月31日 15時50分 更新)


ゴルフならば石川遼選手や宮里藍選手、野球ならイチロー選手、フィギュアスケートなら浅田真央選手、卓球ならば福原愛選手……。プロスポーツの世界には幼少期からの英才教育によって大成した選手がとっても多いですよね。マンガの世界では、星飛雄馬があまりにも有名ですが(笑)。

でも、クルマを使うモータースポーツの場合、参戦資金もたくさん必要そうですし、そもそも「誰に相談すれば良いか」「どこに行けば良いのか」などなど、憧れではあるけれど、とってもわかりにくい世界に見えますよね。

そんな方に朗報です!! これまでF3000やF3、インディなど、国内外のトップカテゴリーで活躍してきた野田英樹さんが、なんと高等学院を開校することになったのです!! しかも開校は来春です。

特定非営利活動法人青少年少女モータースポーツ振興会を発足し、野田英樹さんが代表理事として、2012年4月に『NODA RACING ACADEMY(ノダ レーシング アカデミー)高等学院』を栃木県茂木町に地元の支援を受けて開校することになったそうです。

「この学校は高等学校の勉強を行いながら、毎日一流プロドライバーになるためのカリキュラムをこなし、サーキットをほぼ毎日走行しながら、校内レースも開催。優秀な成績を収めた生徒にはプロデビューの道が約束されるというものです。また大学への道も選択できるようなカリキュラムになっております」と野田理事は、この進学校設立について説明しています。

『校内レース』って、おもしろそうですけど、どんだけ大きな校庭なんでしょうか? 鄰接するツインリンクもてぎを使うのかしら……。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品