0

スズキの軽自動車用エンジンを積む「セブン」について、ケータハム・ジャパンの方に訊く!

2014年3月2日 20時10分 (2014年3月5日 05時05分 更新)
それまでスズキは他社にエンジンを供給したことがなかったので、とにかく前例がないということで」

どうやって説得されたのですか?

「スズキの本社に伺って何度目かの話し合いをしていたときに、たまたま鈴木修会長がいらっしゃってまして、"何をそんなに揉めてるんだ?"と。いや、実はエンジンとミッションを売って欲しいと言うんです、とスズキの方が会長にお伝えしたら、"そんなもん、売ってやれ!"と仰ってくださって(笑)。それから契約がまとまりました」

エンジンは「ジムニー」などに使われているK6A型とのことですが、スズキにはもっと新しい「R06A」型エンジンもあるのに、K6A型になったのはスズキが最新ユニットは供給を渋ったからですか?(笑)

「いいえ、そういうわけではありません。K6A型を搭載するスズキのクルマは世界中で販売されている実績があるので、どこでも部品の入手が可能なんです。実は、今回のモデルはケータハムのディーラー網がない国でも販売を考えていまして、そういうところでもその国のスズキ・ディーラーからパーツは買えますから」

スズキ・ディーラーでも販売する計画はあるのでしょうか?

「日本では、少なくとも考えていません。パワートレインがいくらスズキ製でも、それ以外のところでスズキの販売店が扱うには難しいところもありますので」

生憎のタイミングで軽自動車の税金が上がってしまいますけれど、それについてはいかがですか?

「あまり関係ないと思います。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品