0

通勤や子供の送迎などの日常もこなす「フェラーリ GTC4ルッソ T」が日本初披露

2017年3月21日 12時00分 (2017年3月25日 09時08分 更新)

2016年のパリモーターショーで発表されたフェラーリ GTC4ルッソ Tが、3月16日、日本で初披露された。価格は2970万円となる。

発表の会場となった代官山 T-SITEでは、「日常的に愉しめるフェラーリ」というコンセプトを伝えるプレゼンテーションと、俳優の伊勢谷 友介さん、モデルのクリス-ウェブ 佳子さんによるトークショーが行われ、鮮やかなブルーのGTC4ルッソ Tがお披露目された

フェラーリのまったく新しいGTコンセプトを確立したGTC4ルッソ Tは、フェラーリ史上初のV8ターボエンジン搭載4シーターモデル。週末のロングドライブだけではなく、日常のドライブにも適したスポーツ性能と多用途性を備えた1台である。

>>フェラーリ GTC4ルッソ Tの写真を見る

ターゲットユーザーは、これまでとは違うモデルを求めている30代・40代で、毎日の通勤はもちろん、スポーツを楽しみにビーチに行ったり、子供の学校への送迎、また、パートナーとドライブを楽しむために利用することが想定されている。

このようなユーザーには、様々な使用状況に応える多彩な機能性が重要となり、これに応えるV8ターボエンジンは、大きな魅力となる。GTC4ルッソ Tに搭載されているのは、2016年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞したエンジンの最新進化版となる。

総排気量は3855ccで、最高出力は610cv/7500rpm、比出力158cv/lというコンパクトかつ高効率なエンジンは、同カテゴリー最高の数値を達成した。燃料消費量の最適化を図る一方、アクセル操作に瞬時に反応し、最高速度は320km/h以上、0-100km/h加速は3.5秒というパワフルな加速を実現している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品