0

【どんなクルマと、どんな時間を。】軽キャンピングカー × 仲良しパティシエ夫婦

2017年3月21日 11時00分 (2017年4月9日 10時12分 更新)

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは『どんなクルマと、どんな時間を。』?



▲アウトドアが共通の趣味だという鶴岡さんご夫妻。プライベート用の愛車はキャンピングカーということで、日常も、非日常も一緒の仲良しご夫婦だ 夫婦円満の秘訣は、休日の遊び車にあり?

茨城県牛久市でケーキ屋さんを営む鶴岡さんご夫妻。愛車は、マツダ スクラムトラックをベースにした軽キャンピングカーだ。
中を見せてもらって驚いた。まるでホテルの一室に案内されたようだ。
備えつけられたソファに整頓された水回り、カーテンの付いた窓。ポップアップルーフを上げれば、身長180㎝の人でも立って移動できる空間だ。休日はこの車で、趣味のアウトドアを楽しむのだという。



▲仕事用にキャンピングカーなのかと思いきや、これはプライベートでしか使わないとのこと。室内には、キッチン用具や寝具などが常備されていた

学生時代から付き合いがあったというお二人。揃ってパティシエ(パティシエール)で、結婚後に自分たちの店を立ち上げた。
昔から趣味も共通で、釣りやキャンプなどアウトドア全般。様々な場所を旅したが、次第に宿泊施設のチェックイン・アウトを煙たく感じるようになり、より自由が利くキャンピングカーの購入に至った。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品