0

手作りケーキが並ぶ、ウィーンの老舗カフェGerstner

2017年3月25日 10時00分 (2017年3月28日 06時52分 更新)

ウィーンには驚くほどたくさんのカフェが立ち並ぶ。その中にはオーストリア帝国時代から続く老舗もあり、日本人好みのゆったりした時間が味わえる。

ウィーン観光やショッピングの中心となる、シュテファン大聖堂付近。そこに店舗を構える「Gerstner(ゲルシュトナー)」も、1847年創業の老舗カフェの代表格だ。

店名には「k.u.k. Hofzuckerbäcker」という言葉が併記されている。

「k.u.k.」とは「kaiserlich und königlich(皇室及び王国)」の略であり、「オーストリア・ハンガリー帝国」において皇帝が国王を兼ねていたことを表している。

それに「Hofzuckerbäcker」がついて「皇室王室御用達菓子店」という、重たい肩書きになるというわけだ。

この肩書きはゲルシュトナーだけでなく、日本でも有名な猫ラベルのチョコ「Katzenzungen(猫の舌)」を扱っている「Demel(デメル)」などもそのひとつ。どちらもハプスブルク家の紋章である「双頭の鷲」が描かれている。

店内は奥行きのある作りとなっており、地元の人を含め随分と賑わっていた。昼食をとる人、コーヒー片手に談笑する人、昼からワインを楽しんでいる人などなかなかの混雑ぶりである。

有名店なので時間と曜日を考えて狙って行かないと、席に着くのは難しそうだ。

広くて長いガラスケースには、大きなケーキにチョコレート、カップケーキなどがずらりと並んでいる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品