2

2016年に米国で最も多く盗まれたクルマ ホンダ車が1位・2位を(今回も)独占

2017年7月17日 10時00分 (2017年7月17日 21時05分 更新)
今年もまた、米国で最も多く盗まれたクルマの順位を発表する時期がやって来た。上位にはお馴染みの車種が名前を連ねている。特に5位から1位までは昨年と全く同じ結果となった。まずは全米保険犯罪局(NICB)が調査した2016年に最も多く盗難されたクルマのトップ10台を見ていこう。リストはそのモデルの中で特に多く盗まれた年式と、カッコ内に総数を表記している。
10位 2000年型 ジープ「グランドチェロキー」(9,245万件)
9位 2008年型 シボレー「インパラ」(9,749件)
8位 2015年型 トヨタ「カローラ」(1万1,989件)
7位 2001年型 ダッジ「ラム」(1万2,128件)
6位 2015年型 日産「アルティマ」(1万2,221件)

10位から6位までで昨年と違うのは、新たにジープ グランドチェロキーがランクインしたこと。そして日産アルティマの人気(?)がトヨタ カローラを上回ったことだ。

5位 2016年型 トヨタ「カムリ」
昨年同様、米国で最も売れている乗用車が5位となった。ただし盗難台数は1,000台ほど増え、1万6,732件となっている。カムリは今年フルモデルチェンジするが、この傾向は来年以降も続くだろうか。

4位 2004年型 シボレー「シルバラード」
第4位はシボレーのフルサイズ・ピックアップ・トラック。シボレーは年間数十万台ものシルバラードを販売しているので、2016年の盗難被害が3万1,238件と聞いても驚きはない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    人気があって盗まれるのと盗みやすいってのは別の話。

    0
  • 匿名さん 通報

    欧州車が入っていないが、その理由は欧州は車盗難対策の先進国。結局はメーカーの怠慢とユーザーの意識の低さだ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品