0

BMW、新型クロスオーバー「X2」を公開 ただしカモフラージュ柄入り

2017年8月13日 18時00分 (2017年8月14日 19時42分 更新)

【ギャラリー】BMW X215


BMWが新型クロスオーバー(BMWに言わせれば"スポーツ・アクティヴィティ・クーペ")、「X2」の画像を公開した。ただし、ボディには奇妙な迷彩柄のカモフラージュが施され、しかも鉄柱や植え込みの陰に少し隠れるようなアングルで撮影するなど、わざとスパイショット風にするような手間が掛けられている。まだ最終的な諸元が決定されていないからかもしれないが、そこまでやるくらいならいっそ外観だけでも先にきちんと公開した方が、単なる好奇心以上の期待を煽ることになると思うのだが...。

さて、言いたいことを言ってすっきりしたところで、ほぼ全貌が明らかになっているBMW X2について見てみることにしよう。外観は2016年秋のパリ・モーターショーに出展された「コンセプト X2」とよく似ている。このコンセプトカーを見て市販化を待ち望んでいたファンには朗報だろう。攻撃的で睨みつけるようなヘッドライトや、従来とは上下が逆になったようなキドニー・グリルは、これまでのBMWのデザイン・ルールを破るものだ。フォグライトやロアグリル周辺には、三角形のモチーフをコンセプトカーから受け継ぐもののも、かなり控え目なデザインに改められている。後方に向かって跳ね上がったサイド・ウィンドウは、BMWの特徴である「ホフマイスター・キンク」の流れを汲むと言っていいだろう。テールランプもコンセプトカーと同様に細長い形状だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品