2

【新車】日本市場をメインにしたマツダの3列シートSUV「CX-8」がついにデビュー!

2017年9月14日 11時00分 (2017年9月15日 13時20分 更新)

マツダの新型SUV、CX-8は日本市場を見据えて開発されたモデルです。日本の道路事情、駐車場事情、使われ方などを考慮したうえでボディサイズやシート配列などが決められた、マツダファン待望の多人数乗車が可能なモデルの登場となりました。発表は本日2017年9月14日ですが、発売は12月14日となっています。

そのボディサイズは全長×全幅×全高が4900×1480×1730mmで、国産Lクラスミニバンよりも少しコンパクトなサイズです。つまり、国産Lサイズミニバンが使える地域では問題なく使えるということになります。

グレード展開はボトムがXD、中間がXDプロアクティブ、上級がXD Lパッケージとなります。シート配列はすべて3列で、フロントがセパレート2席、サードが分割して倒すことができる2席となり、この配置は全車で共通です。

  

セカンドシートは2列目-3列目が可能なウォークスルーセパレートシート(6名定員)、ベンチシート(7名定員)の2種類がXDとXDプロアクティブに設定。

XD Lパッケージのセカンドシートは大型のコンソールボックスを備えるセパレートシート(6名定員)となります。

搭載されているエンジンは2.2リットルのディーゼルターボで最高出力が190馬力、最大トルクが450Nmです。ミッションは6速のATが組み合わされています。駆動方式はFFと4WDが各グレードに用意されていて、JC08モード燃費はFFが17.6km/L、4WDが17.0km/Lとなっています。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    「ボディサイズは全長×全幅×全高が4900×1480×1730mm」←軽自動車の幅じゃないか。流行のハイトワゴンなのか?

    1
  • 匿名さん 通報

    いい車なのかもしれないが、メーター周りが若干古臭いように思う。あと、それなりの値段するのね・・・

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品