3

BMW X2City──未来から来た電動キックスクーター

2017年10月7日 12時00分 (2017年10月20日 08時56分 更新)

ひと昔前のSF映画に出てきた乗り物やデジタル機器は、10年を経ずに現実の世界に登場することがよくある。それはメーカー・タイアップによって、開発段階のコンセプトモデルやスタディモデルをスクリーンに露出し、ブランド戦略として未来を開拓しているからだ。ここで紹介する『X2City(エックスツー シティ)』も、昔のSF映画で見た既視感のある乗り物に近い。これはBMWモトラッド初の電動キックボードであり、ゼロ・エミッションによる新たな都市型モビリティなのだ。

■BMWモトラッド初の電動キックスクーター『X2City』が通勤スタイルを変える!?
X2City』は、キックボードであって、キックボードではない。正確には、後輪を駆動させる電動モーターを搭載した「電動アシストキックスクーター」だ。



そして、『X2City』は通販サイトなどで売られている中国や台湾製の少しヤバ目のそれではなく、BMWモトラッドが手がけた同社初の電動キックスクーターでもある。もしかすると、これによって通勤スタイルが変わるかもしれない。



X2City』の最大の特徴は、その古くて新しいスタイルだろう。フレームやランニングボード部分に、408Whのリチウムイオンバッテリー、後輪を駆動する電気モーターをコンパクトに収納し、20kgという重量を実現。折り畳み式ステアリングユニットにより、小型車の荷室にスッポリと収まるサイズとなっている。



理想とされる利用法は、都市部に入るところまでクルマで移動し、そこから『X2City』に乗って都心に移動すること。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    電動アシスト自転車並みに制限して、出来れば歩道を走行出来るようにして、ナンバー不要にしないとまず売れないだろうね。車道を走るとか自殺行為。

    3
  • 匿名さん 通報

    歩道や車道を走行することはできない。車両本体に保安設備やナンバーの取得が必要になり、ヘルメットの着用義務もある←ダメダメじゃんw私有地とか山野くらいでしか使えない。規制緩和しろよw

    2
  • 匿名さん 通報

    要らねぇ

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品