0

エロか?芸術か?彼氏との「ラブラブ写真」女子大生ブログがキター!!―中国

2008年7月5日 01時37分 (2008年7月8日 00時17分 更新)

4日、とある女子大生が自身のブログに、彼氏との「ラブラブ写真」を多数掲載、アクセスが殺到して話題になっている。写真は中国のカップル。(Record China)

[拡大写真]

2008年7月4日、中国でも大流行している「ブログ(博客)」がホットな話題を提供している。個人開設のブログでプライベートを吐露することはもはや珍しくないが、とある女子大生が自身のブログに彼氏との「激情ラブラブシーン」を多数掲載したことで、アクセスが殺到しているのだ。天津日報の報道。

話題となっているブログの作者はハンドルネーム「自由女孩」を名乗る大学2年の女子学生。もともとブログはスナップ写真をメインで掲載していたが、某日、彼氏との“激情写真”、つまりイチャついているシーンを撮影したプライベート・ショットを掲載したことで、この1か月間、毎日1万人を越えるアクセスが殺到し、現在も1日数百のペースでアクセスを伸ばしている。【その他の写真】

中でも特にアクセスが集中しているのは、作者と恋人の“大事な部分”を撮影したショットと2人が濃密に絡みあうショット。写真を閲覧した多くの人がコメントを残しており、「ホント大胆!」「わたしのできないことをしてくれた!」「この恥知らず!」「まったく今ドキの大学生は…」「両親が悲しんでるよ…」と、その内容は多岐に渡っている。多くの閲覧者がこの行為を「伝統的モラルに反する」と見ているが、およそ2割の閲覧者は「作者はもう成人。彼女にも表現の自由がある」と支持の姿勢を見せている。これらに対し、作者からの返答はない。

このブログが話題になった後、某記者が「自由女孩」との接触に成功し、取材を試みた。「自由女孩」はこれら写真を「わたしたち2人の自信作」と記者に語り、決して卑猥なものではないと主張する。ブログは「模範的な優等生」として学生生活を送る彼女がプレッシャーから解放され、自由になるためのツールで、もっぱら個人の鑑賞用として利用しているとのことだ。また、彼女によると、ブログは日記帳と同じく、プライベートを自由に綴るもの。何を書こうが何を載せようが彼女の自由であり、誰からも干渉される筋合いはないという。自ら進んでブログの存在を吹聴したわけではないため、これは犯罪行為にも当たらない、というのが彼女の意見。実際、彼女の友人や同級生らにはブログの存在は伏せてあるという。とはいえ、これだけ話題になっていれば、当然、彼らにも漏れているのだろうが…。(翻訳・編集/愛玉)

【関連記事】
「チャン・イーモウに身を捧げてもイイ!」爆弾発言で一躍人気の女子―ブログ・コンテスト
「ブログの女王」も金次第!?アクセス件数不正操作の内幕暴露―中国
「妖魔化」が進んだ省No1は河南省!?過激ランキング発表にブログ大炎上!―中国
<帰国報告>「日中のきずな、確実に強まった」=中国の震災児童励ましたアグネス・チャン-東京
<帰国報告><写真>震災児童励ますアグネス・チャン-中国

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品