0

80年代生まれ多くが「恐婚族」、離婚率の高さから結婚に悲観的?―中国

2008年7月12日 19時09分 (2008年7月15日 00時18分 更新)

11日、中国国内で結婚の登記をする初婚者の数は1992年から2005年の間で350万人減少した。結婚の失敗や離婚を恐れる80年代生まれの人が増えているのが原因だという。写真は2月29日、北京博覧館で開催された第7回中国国際婚博覧会。(Record China)

[拡大写真]

2008年7月11日、中国青年報によれば、中国国内で結婚の登記をする初婚者の数は1992年から2005年の間で350万人減少したことが統計からわかった。結婚の失敗や離婚を恐れる人が増えているのが原因だという。

中国青年報が行った調査によれば、調査対象5521人のうち、22.3%の人が結婚に恐れを感じる「恐婚」の傾向を自己認識しており、45.7%の人は身近に「恐婚族」がいると答えた。さらに、「恐婚族」の多くが80年代生まれだと見ている人の割合は44.4%にのぼっている。【その他の写真】

初婚者減少の背景には、離婚件数の急増があるという。1985年には離婚件数は45.8万件だったが、1990年には80万件、1995年には100万件を超え、2005年になると178万5000件に達している。

北京師範大学、社会心理学の石林(シー・リン)教授によれば、「恐婚」はどの年代の人にも見られるが、現在結婚適齢期を迎えている主な年代は80年代生まれ。彼らは全体的に高い教育を受け、社会環境が大きく変化する中で成長し、そして離婚が急増する中、結婚適齢期を迎えている。結婚に対して大きな心理的な圧力を感じ、結婚の失敗や離婚に対して強い恐怖を抱いているほか、結婚までの精神的な準備が不足していると感じるなど、結婚に慎重になりすぎているのだという。(翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
8月8日は結婚届の提出ラッシュへ! ―北京市
海峡を越える愛、中国人と台湾人との結婚が30万組を突破―台湾
<話題の本>「結婚こそ女の幸せ」?90%が成功した恋愛学校のノウハウ―中国
結婚しても生活は独身時代のまま!「ルームメイト夫婦」急増中!―河南省鄭州市
「愛よりお城よ」、未婚者の意識調査「結婚は住居を買ってから」が過半数―中国

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品