0

サッカー:「ブラジルごう慢」ユニフォーム交換拒否

2008年8月14日 11時48分 (2008年8月17日 00時13分 更新)

北京オリンピックの男子サッカー1次リーグ最終戦で中国代表はブラジル代表と対戦し、0-3で敗れた。この際にブラジル代表の大半が中国側とのユニフォーム交換を拒否したため、波紋が広がっている。(サーチナ&CNSPHOTO)

[拡大写真]

 北京オリンピックの男子サッカー1次リーグ最終戦で中国代表はブラジル代表と対戦し、0-3で敗れた。この際にブラジル代表の大半が中国側とのユニフォーム交換を拒否したため、波紋が広がっている。14日付で浙江在線が伝えた。

関連写真:そのほかの北京五輪の報道写真

 ただしロナウジーニョ選手やシウヴァ選手など一部は交換に応じたという。浙江在線によると、ブラジル代表は2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)の時にも対戦した中国代表とのユニフォーム交換を拒んだことがあるという。

 中国代表のある選手は「こちらのレベルが低すぎるからブラジル代表は交換したいとさえ思わないのだろう」と述べた。これに対して浙江在線は「ブラジル代表は明らかにごう慢さを増した」と指摘した。写真は中国対ブラジル戦の様子。(編集担当:麻田雄二

【関連記事・情報】
サッカー男子:1次突破 アジア勢では韓国のみ(2008/08/14)
サッカー女子:中国選手「なでしこは一番弱い」(2008/08/13)
2008年北京オリンピック特集
社会>スポーツ・イベント>北京五輪:新着記事 - サーチナトピックス
社会>スポーツ・イベント>北京五輪:周辺事情 - サーチナトピックス

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品