0

香港の働く女性支えるフィリピン人メイドは20万人で世界最大!

2008年9月9日 08時08分 (2008年9月12日 00時17分 更新)

6日、香港で働くフィリピン人メイドは約20万人といわれており、同国人メイドを雇用している193の国と地域の中で最多だという。写真は休日に郷里に電話をかけるために並ぶ香港のフィリピン人メイド。(Record China)

[拡大写真]

2008年9月6日、「中国新聞網」は香港の働く女性たちや彼女らの家庭を陰で支えているフィリピン人メイドの実態をレポート。

現在香港で働く外国人メイドは約20万人といわれているが、その大多数がフィリピン人女性。香港では1970年代から家庭を持つ女性たちの就業が盛んになり、これに伴いフィリピン人メイドを雇い入れる家庭が急増。特に香港の上流家庭では英語が話せて高学歴の彼女たちを雇うことが一種のステイタスにもなった。このためフィリピン政府は香港に海外労働者事務所を設立し、香港の労働管理部門と連携してフィリピン人労働者の権利保護に努めている。【その他の写真】

2~3年の雇用契約満了時には、雇用主が帰国のための航空運賃を支払う。日曜と祝日には休みが与えられ、ケガや病気の際には雇用主が治療費を負担する。彼女たちの最低賃金は香港政府により月3580香港ドル(約4万9000円)と定められており、この数字はフィリピン国内で働くサラリーマンよりはるかに高い。

近年ではこのような高待遇を求めてインドネシア人メイドも参入。フィリピン人メイドの数は減少傾向にあるという。そこでフィリピン政府は国内のメイド希望者に広東語を教えるなどのレベルアップ作戦を展開して、これに対抗する姿勢を示している。(翻訳・編集/本郷)

【関連記事】
フィリピン人メイドの個人雇用を全面禁止!それでも雇いたい理由は?―上海市
家政婦にも近代化の波!雇用主の傷害・死亡回避に協会設立へ―上海市
妻に先立たれた老人相手の「夜の家政婦」を派出―安徽省合肥市
中国人への移民制限緩和、2000人に永住権を付与―フィリピン
「お帰りなさい、ご主人様」!中国の若者に浸透する「萌え」文化、「メイド喫茶」潜入記―四川省成都市

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品