ウルトラマンのパクリ!?そっくり変身ヒーロー番組にファン猛抗議―中国

2008年10月16日 23時33分 (2008年10月19日 00時17分 更新)

16日、中国各地で試験放送された子供向け変身ヒーロー物番組「金甲戦士」が、日本の「ウルトラマン」にあまりにもそっくりだとして、ネット上に抗議の書き込みが相次いでいる。写真が「金甲戦士」。(Record China)

[拡大写真]

2008年10月16日、中国の子供向け番組「金甲戦士」の試験放送が始まったが、これを見た全国の視聴者から「日本のウルトラマンそっくり」と抗議の声があがっている。「重慶晩報」が伝えた。

国産変身ヒーロー「金甲戦士」は上海や広州など中国各地で放送されたが、国内大手ポータルサイトの掲示板などに「パクリではないか?」という内容の書き込みがウルトラマンファンのユーザーから次々と寄せられた。彼らによると「金甲戦士」は、変身後の姿からストーリーや人物設定、ちょっとしたエピソードや冗談など細部にいたって「ウルトラマンそっくり」なのだという。【その他の写真】

同紙記者が両者を比較したところ、確かにストーリー展開などの相似点があるが、最も似ているのはやはり変身後のヒーローの姿だ。光る目やボディの銀と赤の模様の入り具合などそっくり。これらに関して、制作会社の「上海世紀華創文化公司」は「ウルトラマンは変身後巨大化するが、我々の金甲戦士は等身大。それに頭部にはウルトラマンにない模様がある。この番組の版権はすでに東南アジアなどに販売されている」と説明。「もしこの番組が著作権侵害なら、買い手はつかないはずだ」と話し、「パクリ疑惑」を真っ向から否定した。

なお、この記事のコメント欄には「情けない」「ここまでひどいパクリは初めて見た」というものや「中国にパクリじゃないものなんてあるか?」「いっそのこと中華パクリ共和国に国名を変えたら?」という過激な書き込みが集中している。(翻訳・編集/本郷)

【関連記事】
「クレヨンしんちゃん」のパクリ?中国アニメに盗作疑惑―中国
ウルトラマン人気が大爆発!ごっこ遊びの子供に暴力的悪影響説も?―中国
史上最大の“パクリ”大作戦、フランスの象徴「パリ」をそのままコピー―浙江省杭州市
キムタクそっくり!人気イケメンのウー・ズン出演CM、パクリ疑惑が浮上―台湾
中国で広まる「嫌韓」感情=嫌いな理由は「文化のパクリ」―韓国紙

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品