<在日中国人のブログ>上海女性と北京女性、こんなに違うセックス哲学

2010年4月14日 21時10分 (2010年4月17日 00時17分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

12日、孔子の第75代直系子孫で日中関係評論家の孔健氏は、「日本の男性はなぜ上海女性を好み、北京女性に嫌気がさすのか」と題した記事を中国のブログサイトに発表した。写真は上海・バンド(外灘)エリアのデートスポット「恋人たちの壁」。(Record China)

[拡大写真]

2010年4月12日、孔子の第75代直系子孫で日中関係評論家の孔健(こう・けん)氏は、「日本の男性はなぜ上海女性を好み、北京女性に嫌気がさすのか」と題した記事を中国のブログサイトに発表した。以下はその概略。

同じ中国人でも上海女性と北京女性とでは性格が全く違う。上海女性は細やかで甘え上手だが、北京女性はプライドが高く決して男に媚びない。男と女の情愛に関しては、上海女性の方が長けていると言えるだろう。彼女たちは胸元や背中が大きく開いた服装を好み、男心をくすぐる術を知っている。二股もお手のもので、お金のないイケメン君をナイト代わりにはべらせる一方、日米欧の金持ち外国人とも関係を結び、物欲を満たす。

【その他の写真】

ある日本人は「上海はセックスするには最高だが、恋愛には向いていない街だ」と言っていた。上海女性は男の欲情を上手くそそるが、本気の恋愛対象にはならないということか。魔都・上海に魔性の上海女性。だが、私はこうした割り切った考えの上海女性は嫌いではない。商品経済の「等価交換」の原則を忠実に守っているだけではないか。

一方の北京女性は、ロマンチックな駆け引きは好きではないらしい。下心を隠して紳士面しながら花束攻撃をするより、「やりたいなら堂々と言えばどう?」という考えだ。だが、彼女たちは好きでもない男性とは決してベッドインしない。セックスのお誘いがあっても、「いいわよ、そのうちね」と言いながら、「でも、あなた上手いの?」とやり込める。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品