<続報>「殺人ダニ」で18人死亡=初の症例は昨年確認も情報公開されず―河南省

2010年9月9日 10時27分 (2010年9月12日 00時17分 更新)

8日、河南省衛生庁は昨年5月に初の症例が確認されており、同日までに557人が発病、うち18人が死亡したと発表した。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

河南省信陽市商城県では今夏に入り、ダニにかまれた後発病、死亡する例が多発している。2010年9月8日、河南省衛生庁は昨年5月に初の症例が確認されており、同日までに557人が発病、うち18人が死亡したと発表した。大河網が伝えた。

問題の病気は、ダニにかまれた1~2週間後に40度以上もの高熱となり、血小板と白血球が急激に減少するという症状を示す。発症は5~8月に集中。40~70歳の患者が多いという。今年5月、中国疾病予防対策センターは、この病気を「血小板減少を伴う発熱総合症」と命名している。

【その他の写真】

病気自体は昨年から確認されていたにもかかわらず、当局はこれまで情報を公開しないでいた。一部メディアが報道した後の発表だけに、情報を隠していたとの批判が高まっている。当局は原因不明の病気だけにパニックを避けるため情報公開を見送っていたと弁明している。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
殺人ダニが猛威?住民にパニック―河南省
<異常気象>蚊が大量発生、住民の生活に影響―広東省東莞市
柑橘類の「ウジ虫」被害拡大、損失200億円超に―湖北省
脳に入り込む寄生虫!33人が広東住血線虫症に感染―雲南省大理ペー族自治州
<建国60年>害虫まで!?国慶節の安全を確保せよ!治安維持に威信かける中国政府―豪紙

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品