0

世界の「悪名高き市場」に中国のサイト百度や淘宝も=米政府が実名挙げ批判―米メディア

2011年3月2日 15時30分 (2011年3月5日 00時17分 更新)

28日、米通商代表部は知的財産権を侵害している商品や偽物を販売している「悪名高き市場」を発表。中国の検索サイト・百度やネットショッピングサイト・淘宝、北京の秀水街も含まれている。写真は秀水街。(Record China)

[拡大写真]

2011年2月28日、米通商代表部(USTR)は、世界の30以上のネットサイトや実物市場の実名を挙げ、知的財産権を侵害している商品や偽物を販売している「悪名高き市場」として指摘した。その中には中国最大の検索サイト・百度(Baidu)や中国最大のネットショッピングサイト・淘宝(タオバオ)、北京市の秀水街も含まれている。ブルームバーグの報道を米華字ニュースサイト・多維新聞が伝えた。

USTRは中国の百度について、ディープ・リンキングを利用してユーザーを知的財産権侵害の疑いがある製品に誘導する最も典型的な例であるとし、淘宝については、偽物などの取り締まりに明らかな進展を見せているが、根絶までにはまだかなりの時間が必要だと指摘した。

【その他の写真】

また、実物市場については、ブランド品などの「ニセモノ市場」として有名な北京の秀水街のほか、北京や上海のデジタル製品市場の名前を挙げ、パソコンに違法コピーしたOSやソフトをインストールして販売していると指摘した。

「悪名高き市場」として名指しされた市場のある国・地区は、中国のほかに、ロシア、エクアドル、パラグアイ、インドネシア、アルゼンチン、香港、インド、ウクライナ、フィリピン、タイ、メキシコ、パキスタン、コロンビアなど。(翻訳・編集/HA)

【関連記事】
【レコチャアンケート】中国における日本情報サイトの必要性を感じますか?
国営テレビ局放映の“感動大作”アニメ、実は日本作品の丸パクリ―中国
コピー商品の8割は中国製、取り締まりにFBI捜査官50人を投入―米紙
ブランドまるごとニセモノです、日系企業詐称の化粧品会社が謝罪―中国
<在日中国人のブログ>中国人も日本のように「パクリ」を正当化しよう

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品